金正恩氏の「隠し資産」にだけは絶対に触れてはいけない(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

資産家として見ると意外とシンプル 緊迫した状況が続いていた北朝鮮問題は、国連安保理決議が採択されたことで、ひとつのヤマ場を迎えつつある。 金正恩朝鮮労働党委員長は、金日成氏から3代続く世襲の独裁者だが、日本人は独裁者という存在について、実はあまりよく知らない。 日本社会はどの時代であっても、よく言えば利害調整型の政治であり、悪くいえば曖昧で玉虫色の政治だった。軍国主義の時代においても本当の意味での...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1tabingchu@hatena 2017/09/14 06:31:32
資産家として見ると意外とシンプル 緊迫した状況が続いていた北朝鮮問題は、国連安保理決議が採択されたことで、ひとつのヤマ場を迎えつつある。 金正恩朝鮮労働党委員長は、金日成氏から3代続く世襲の独裁者だが、日
2SigProcRandWalk@hatena 2017/09/14 09:43:02
WW2以降に他の独裁者と対決した時に資産凍結が役立ったことがあるのであれば、シンプルにやるべきじゃないか。状況の詳細な比較検討で今回は止めとくというのであれば納得できるけど。
3hogefugapiyox@hatena 2017/09/14 10:06:46
金正恩の個人資産が凍結されない場合に何が起こるのかが検討されないとなんとも。
4su_rusumi@hatena 2017/09/14 11:42:09
>つまり独裁者というのは、資産家の持つ「悪い面」をすべて凝縮した人物であり、お金という視点で独裁者を分析すれば、その行動原理は意外とシンプルに理解できる
5shinichiroinaba@hatena 2017/09/14 12:07:07
“独裁者というのは、資産家の持つ「悪い面」をすべて凝縮した人物であり、お金という視点で独裁者を分析すれば、その行動原理は意外とシンプルに理解できる。この話は当然のことながら金正恩氏にもあてはまる。”
6sampaguita@hatena 2017/09/14 13:20:15
"極論すると、国家の名誉などはどうでもよいし、資産を喪失する恐れがあるので実は外国との戦争についても消極的"
7zm_nouveau@hatena 2017/09/14 13:42:46
この論自体に疑問があるが、仮に正しいとすると金正恩氏の資産凍結こそが北朝鮮を交渉のテーブルにつかせる最善策ではないか。
8STARFLEET@hatena 2017/09/15 12:20:58
微妙にダチョウ倶楽部的なエントリだな。
9hdkINO33@hatena 2017/09/15 14:33:05
“かつて田中真紀子氏は「世間には敵か家族か使用人の3種類しかない」と評したことがあったが、これもある種の資産家的な思考回路といってよいかもしれない。”
10taron@hatena 2017/09/15 22:26:13
正直、北朝鮮が水爆を持ってしまったことで、交渉が不可能になったんじゃなかろうかと思っている。そもそも、体制の保証とミサイル発射の凍結では、ディールにならない。核兵器の放棄がテーブルにのらないと。
11kagehiens@hatena 2017/09/16 20:47:32
分析は正しいと思うのだが、海外資産の凍結を出来るのならしてしまえば北朝鮮を一番効果的に独裁体制崩壊に導けるのでは。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-13 23:57:01:1505314621:1505790276
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応