「わたしは貧困カープ女子」 チームが強くなるほど増える“夜の出勤” | 文春オンライン

「わたしは本当に“広島東洋カープ”が好きなのだろうか……」 2017年10月24日クライマックスシリーズ、対DeNA戦5回表、2アウト1塁。バッターは日本代表4番・筒香嘉智。マウンドには2013年のドラフト1位大瀬良、1年目の活躍、2年目からの苦悩、そして今年の復活――。我が子のように愛しき将来のエース候補だ。 その初球。 センターの頭上を越える打球を目で追いながら、彼女は思った。 「 “入れ”と...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1gameshop-aki@hatena 2018/01/13 00:13:37
申し訳ないけどバカじゃねーの。ちな貧困マリーンズ女子は居なさそう。
2reitanigawa@hatena 2018/01/13 07:20:09
関東住まいで、広島ってのが業が深いな。広島にいたら、借金分は浮いている気がするな。
3straychef@hatena 2018/01/13 14:24:34
熟女キャバクラ
4Outfielder@hatena 2018/01/13 14:56:05
甘い。中村淳彦先生ならキャバクラだけでなくヘルスに堕とす
5su_rusumi@hatena 2018/01/13 15:56:36
7月10日 日曜日の巨人戦のチケットが映っているが、2017年の7月10日は月曜日。2016年7月10日(日)だと巨人vsDeNA、広島vs阪神。甘いな
6FTTH@hatena 2018/01/13 18:23:05
かな子(かな子ではない(いや、合ってるけど
7ChieOsanai@hatena 2018/01/13 18:56:27
言いたいだけだろwww “カープは143試合を終えて貯金37に対し、内藤さんは143試合を観終わって借金残額132万円だった”
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-01-13 05:36:01:1515789361:1516108746
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応