民法改正:「18歳成人」成立 22年4月施行 - 毎日新聞

成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げるとともに、女性が結婚できる年齢を16歳以上から男性と同じ18歳以上にする改正民法は13日、参院本会議で与党などの賛成多数により可決、成立した。施行は2022年4月1日。成人年齢の見直しは、1876(明治9)年の「太政官布告」で満20歳とされて以来、約140年ぶりとなる。 改正法の付則には、成人年齢の引き下げに伴い年齢要件の見直しが必要な22の法律の改正も...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1deep_one@hatena 2018/06/13 11:20
『飲酒や喫煙、公営ギャンブルについては健康被害やギャンブル依存症への懸念から「20歳以上」を維持するため』謎だ。それは18歳にやはり「判断力」を認めてないのでは?
2m1zessent0mb12statice@hatena 2018/06/13 12:53
名ばかり成人なのだろうか?
3sampaguita@hatena 2018/06/13 13:31
"自民、公明、維新などの賛成多数" "飲酒や喫煙、公営ギャンブルについては健康被害やギャンブル依存症への懸念から「20歳以上」を維持" "法律の名前や規定にある「未成年者」を「20歳未満の者」と"
4asakura-t@hatena 2018/06/13 14:12
(記事とは関係ない)そういやギャンブルだと「学生禁止」みたいなルールがあった気がするけど、あれはなんなんだろうな。
5asiamoth@hatena 2018/06/13 14:20
2022年3月末に16歳の女性が駆け込み婚する光景が目に浮かぶ……。
6tym1101@hatena 2018/06/14 06:23
心の成長は人それぞれ、成人試験みたいなのを作って受からなければ子供、のほうが分かりやすくて良いかも。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-13 04:09:01:1528830541:1534497343
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応