手塚治虫「奇子」オリジナル版が刊行、単行本未掲載の別エンディングも収録 - コミックナタリー

手塚治虫 「奇子」オリジナル版の上下巻が、12月に発売。復刊ドットコムとTSUTAYAのコラボ企画により刊行される。 「奇子」はビッグコミック(小学館)にて1972年から1973年にかけて連載された作品。地下室に幽閉され育てられた不遇の少女・奇子を中心に描かれる物語だ。このたび発行されるオリジナル版は、連載時と同サイズのB5判にて造本。全話の扉絵が初めて収録されるほか、エピソードの流れやページ割り...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1mEGGrim@hatena 2017/10/12 18:08
“復刊ドットコムとTSUTAYAのコラボ企画”
2mugi-yama@hatena 2017/10/12 18:21
“7ページにわたる雑誌掲載時のエンディングも初収録” そ、そんなものがあったのね…
3kenzy_n@hatena 2017/10/12 18:37
違う結末とな
4u_eichi@hatena 2017/10/12 19:34
別エンディング、読んでみたい。
5akabekobeko@hatena 2017/10/12 22:30
連載時と単行本で改変とかよくあることだから電子版では基本的に全バリエーション見れるようにしてほしい。紙だと難しいけど電子版なら差分で済むのではないか。割高になってもよいから切望する。
6Dolphin7473@hatena 2017/10/12 22:53
火の鳥とか媒体によってかなり差があるのは有名だけど,奇子に別エンディングがあったとは知らなかった.読みたい…
7lli@hatena 2017/10/12 23:12
別エンディングあるのか
8mr_yamada@hatena 2017/10/12 23:15
やばい。これは買わないと。
9kurobuchi@hatena 2017/10/12 23:40
「奇子」に未掲載の別エンディング!?最近の自主規制ではなく、昔の全集も未掲載なのかな?だったら気になる…
10nokkojiro@hatena 2017/10/13 00:10
手塚治虫「奇子」オリジナル版が刊行、単行本未掲載の別エンディングも収録 手塚治虫「奇子」オリジナル版の上下巻が、12月に発売。復刊ドットコムとTSUTAYAのコラボ企画により刊行される。 Tags: from Pocket October 13, 2017 at 12
11shigemk2@hatena 2017/10/13 00:11
全集のほうは持ってたけど、それとはまた別のエンディングがあるのか
12dxll28@hatena 2017/10/13 00:11
これは買わねば
13hirokidaichi@hatena 2017/10/13 00:30
おおおおおおお!
14trashcan@hatena 2017/10/13 04:10
き、奇子…。
15masanoT@hatena 2017/10/13 06:00
別エンディングきになります。祖母の家の古い机の中で見つけて、初めて読んだ手塚治虫まんがでした。
16white_cake@hatena 2017/10/13 07:03
え、別エンディングあるの!? うわ読みたい!
17miholovesq@hatena 2017/10/13 08:40
“またこれまで単行本には収められなかった、7ページにわたる雑誌掲載時のエンディングも初収録”
18ZOOZ@hatena 2017/10/13 08:43
別エンド、気になります。
19akikonian@hatena 2017/10/13 09:04
これは買う。
20teebeetee@hatena 2017/10/13 10:29
読んでみたいけど、そんな大袈裟な仕様のものを買うかまではちょっと…。
21yabu_kyu@hatena 2017/10/13 10:35
ブラックジャックのロボトミー回とかもお願いします…。
22nakex1@hatena 2017/10/13 10:35
雑誌掲載時のオリジナルということは,リアルタイムで読んでいた単行本を買うほどでもないライトな読者にはこっちしか知らない人も多そうだな。
23sunagi@hatena 2017/10/13 10:50
欲しいけど「予価 11,988 円 (税込)」たけえよ!
24hiroshe@hatena 2017/10/13 12:39
エンディング知りたい。
25fb001870@hatena 2017/10/13 12:48
奇子は官能的だったなぁ…中学校の図書室で読んだ
26tsjtksh@hatena 2017/10/13 13:30
読みた
27pribetch@hatena 2017/10/13 19:47
手塚治虫の前世は生き埋めで窒息死だと思ってる。
28Imamura@hatena 2017/10/13 21:01
高野文子の「奥村さんのお茄子」は『棒がいっぽん』収録にあたって全ページ描き直されてる。それが作者の意思なのだから雑誌掲載版を「オリジナル」とありがたがるのは違和感がある
29tagkaz@hatena 2017/10/17 06:00
!!!“これまで単行本には収められなかった、7ページにわたる雑誌掲載時のエンディングも初収録される。”
30pokute8@hatena 2017/10/17 12:16
続きは稿をあらためていつかまた紹介できるであろうエンド。
31a2de@hatena 2017/10/17 21:29
7ページにわたる雑誌掲載時のエンディングも初収録/電子書籍版持ってるけどアップデートで追加してくれないかなあ
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-10-12 10:04:01:1507770241:1534543171
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応