【日曜講座 少子高齢時代】世界人口爆発 省力農業で食料難克服を 論説委員・河合雅司 (1/3ページ) - 産経ニュース

日本は“水の輸入大国”  日本は人口減少局面に入ったが、世界に目を転じれば人口爆発の様相である。  内閣府の「2030年展望と改革タスクフォース報告書」の資料集は、2015年に73・5億人だった世界人口が、2030年に11・5億人増の85億人になるとの国連推計を紹介している。  大きく増えるのはアジア(5・3億人増)とアフリカ(4・9億人増)だ。国連推計は2030年以降の世界人口も予想しているが、...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1mqchaso@hatena 2017/03/20 07:49:11
世界人口爆発で食糧難克服と言われてもピンとこない。 本当に食糧難が来るのであれば、そのように生活シフト出来ると思うし。
2hahnela03@hatena 2017/03/20 10:37:09
ヴァーチャルウォーター
3aLa@hatena 2017/03/20 11:36:54
日本も史上最大の人口水準。あくまでピークから僅かに減少しただけ。だから1人あたりの賃金も保障も低く、内需を輸入で支えているので人口増えても景気回復しない。地方創生が必須だけど外国人より機械化の方が良い
4mamezou_plus2@hatena 2017/03/20 15:28:01
売り方を変えるべきだろう。食料生活や栄養補給のを購入すると言う多年型のパッケージを。資産ポートフェリオの様に食ポートフォリオを売る。
5ryozo18@hatena 2017/03/21 13:37:04
メモ
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 03:16:02:1489947362:1490263966
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応