商工中金:全店で不正 トップ引責辞任へ 自主調査結果 - 毎日新聞

国の低利融資制度「危機対応業務」を巡る商工中金の不正問題で、書類改ざんなどの不正がほぼ全店で行われていたことが商工中金の自主調査で明らかになった。件数は数千件に達している。所管する経済産業省などは不正が多かったデフレ脱却名目の融資の今年度での打ち切りを検討する。商工中金は役職員の大量処分を行う方針で、経産省出身の安達健祐社長(元事務次官)の辞任は避けられない情勢だ。 デフレ名目融資中止も 危機対応...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1lli@hatena 2017/10/13 08:53:44
不良債権化したのがどの程度かにもよるな。市場の金利を歪めて不正競争になったことは咎められるべきだけど。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-10-13 03:16:01:1507832161:1508663581
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応