【『ロードス島戦記』水野良×『ペルソナ5』橋野桂:対談】 ゴブリンを倒していた若者が最終的に世界を救う話は、ファンタジーならではの“純化”である【新生・王道ファンタジーを求

【『ロードス島戦記』水野良×『ペルソナ5』橋野桂:対談】 ゴブリンを倒していた若者が最終的に世界を救う話は、ファンタジーならではの“純化”である【新生・王道ファンタジーを求めて①】 アトラスの 橋野桂氏 は、 『ペルソナ3』 以降のシリーズ3作品 【※】 で、プロデュースとディレクションを手がけてきた。 高校生のリアルな内面をスタイリッシュな表現で鮮やかに描き出す それらの作品は、日本で多数のファ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1pptppc@hatena 2017/12/07 14:53:21
かなり長かったが興味深い話だった。/”でも最近はオークって、姫騎士をブイブイ言わすための特殊種族になってますけど(笑)。”/ブイブイってあたりにご年齢を感じる(失礼)
2akihiko810@hatena 2017/12/07 15:17:37
野氏は、アトラス社内に新たなスタジオである「スタジオ・ゼロ」を創設している。
3NOV1975@hatena 2017/12/07 15:19:32
面白かったし、やはり世代的な話なのか、すごいしっくりきた
4raf00@hatena 2017/12/07 16:48:16
水野良氏も外見が変わらないお方だなぁ。
5itouhiro@hatena 2017/12/07 17:02:56
「日本の第一線で活躍する人と橋野氏(メガテンや派生する学園物ペルソナを10年以上作る)が意見交換する企画。詳しい人ほど固定観念で新規性を逆に生み出せない。世界設定から作る。キャラが目指す事を決めない」
6kamayan1980@hatena 2017/12/07 18:21:12
個人的には、ロードスよりそのスピンアウトのクリスタニアシリーズの方が好き。あのめちゃくちゃ価値観の広い世界観は、世界構築好きからきてたのか。
7Louis@hatena 2017/12/07 18:33:07
水野良さんFEHプレイされてるのか。「とりあえずチキとかシーダとかを手に入れたら、意外に弱いんですよ。僕の知らないキャラばっかり強くって(笑)」わかります(^_^;
8anmin7@hatena 2017/12/07 18:52:14
あれ? パーンはゴブリンに倒されてなかったっけ? ゴブリンやっつけたのはギムとスレインじゃ……
9YukeSkywalker@hatena 2017/12/07 19:00:14
「ザ・ホビット」だって引きこもりチビが最後にはドラゴン倒す話やし。
10hryord@hatena 2017/12/07 19:03:41
水野良がラストハルマゲドンを知らないとは思えないんだが
11mutinomuti@hatena 2017/12/07 19:09:12
関係ないけど王道って桃太郎みたいなのかと思ってよく考えたら旅に出た瞬間から多分強かった(´・_・`)別人ゴブリンとかスライムから始める必要ないなーと
12kim-peace@hatena 2017/12/07 19:09:40
>※1 鈴木大輔 2004年に第16回ファンタジア長編小説大賞佳作を受賞し、『ご愁傷さま二ノ宮くん』(富士見ファンタジア文庫刊)でデビュー(中略)じつは取材当日も水野氏に同行して、対談の様子を見守っていた。
13snaflot@hatena 2017/12/07 19:16:36
ロードス島がヒットした要因の分析など冷静。ただ謙虚なだけでなく、PC版やコレクションなど自身のある仕事はしっかり自己評価もしていて的確。知らないところで結構ゲームに携わってたんだな
14tourmalinecatseye@hatena 2017/12/07 19:34:22
唐突に川上稔作品でてきて我、歓喜 しかし水野さん以外反応薄いのみて少し、悲しい
15dalk@hatena 2017/12/07 19:53:34
ファンタジーの好きなところはテーマに特化した世界を無理なく構築できること。言葉が失われた世界、色彩が奪われた世界、かつて魔法があった世界。種族や道具、魔法などの利用可能なギミックも無数にある
16ticklishcrab597@hatena 2017/12/07 20:00:19
俺もファンタジー経験を積みたい……。
17kirakking@hatena 2017/12/07 20:22:04
話している内容を読む限り、既存の共通構造を疑うなど橋野さんはかなり根本からファンタジーゲームを作ろうとしていて期待できる。デコンストラクションを経た上でアトラスらしい作品を作って欲しい。
18rikuzai@hatena 2017/12/07 20:31:08
辿ってきた道ど真ん中で色々懐かしんだ。お二人の新作を心待ちにしている。次の出渕さんと副島さんの対談も絶対ど真ん中やな。楽しみ。
19ornith@hatena 2017/12/07 21:20:13
“現代社会はすごく複雑なんだけど、それを分解して純化していって、それぞれのキャラクターが持っている怒りや正義をストレートに語っても嘘くさくないというのが、ファンタジーの良さなのかなと思う”
20Rouble@hatena 2017/12/07 21:31:33
フォーセリア、アレクラストの本流自体は色々壊滅して完結してるけど、他がもろもろ止まったままになってしまったのがもったいない。
21karkwind@hatena 2017/12/07 21:56:41
色々、だめになるインタビュー。そういえば、ファンタジーは何でもありって、昔、聞いた気がする
22irodori_kotori@hatena 2017/12/07 22:23:57
私を背中からだーきーしーめてー♪(色褪せぬ名曲だと思ってる)
23tecepe@hatena 2017/12/07 22:48:39
橋野桂氏がこういうとこに出てくるの結構貴重では?真・女神転生IIIより面白い真・女神転生はやっぱり橋野桂氏じゃなきゃ作れない気がしてならないんでペルソナTとかマニアクスTとかくだらない枠組み壊しちゃえって。
24nisshin-k@hatena 2017/12/08 00:01:14
水野さん。スターシップオペレーターズ、結末だけでもいいんで公開ずーっとまってますからね!
25kura-2@hatena 2017/12/08 00:09:51
D&D懐かしいな。T&TとかTRPG、ゲームブックの類いは小学校高学年から中学にかけて実によくやってた。いまだにうちには多面体サイコロがゴロゴロ転がっている
26tomoya_edw@hatena 2017/12/08 00:36:57
どこから突っ込んでいいのかわからない。なんでもいいからファンタジーもっとくれ!生死が重いと嬉しいぞ!
27Wafer@hatena 2017/12/08 04:15:42
ゴブリンスレイヤー「いいからゴブリンだ」
28roboncho@hatena 2017/12/08 19:07:42
5年前くらいにお会いした時から全然老けない橋野さんと、小学生時代に刷り込まれた筆者近影と比べて変わった水野氏…(失礼) これ、とても良い企画です。
29t5a@hatena 2017/12/08 21:01:03
面白い! 次回も楽しみ!
30filinion@hatena 2017/12/08 21:55:41
「世界設定が作品で小説は後付け」トールキン先生の話かな? 「オークは指輪オリジナルだから使わない」ああ…なるほど。/ファンタジーの知名度がゲームと小説で同時進行的に上がった、というのは事実でない気が。
31ssids@hatena 2017/12/08 23:03:43
水野良さんはタイタン(の掟)を誰にも負けないぐらいやり込んだ、ってどっかの記事にあった記憶があるなぁ/ディードだけでなく、ピロテースがその後のダークエルフに与えた影響は絶大だった気が
32tokoroten999@hatena 2017/12/09 07:32:02
やっぱり水野良はものすごい天然だなあ/「小説を書くのは苦手」って余人が口に出しにくいところを自分から言っちゃってるのはすごくいい
33switch7@hatena 2017/12/10 19:49:37
さすがのリアリストっぷりだな~ はやりあの耳はつけ耳
34erukiti@hatena 2017/12/11 10:40:29
TRPG世代にはたまらないものすごく良い対談だ / というか、TAITAI氏のセッティングする対談記事はとにかくクォリティが高い。感動できるレベルのワクワク感がいつも詰まってるのよね
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-12-07 04:34:01:1512588841:1513496703
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応