Amazon ECSでRailsアプリケーションを運用するのに行ってること - Qiita

Terrafrom AWSのインフラ構成はTerrafrom管理してる. tfstateを分割する tfstateが1つのままだと、Terrafromのresourceを増やしていったときに 頻繁に更新するresourceとそうでもないものがある 適応するのに時間が掛かる エラーの切り分けしずらくなる ということからtfstateを分割してる。 ただ分割しすぎると、適応漏れや適応順番が複雑になるの...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1derby@hatena 2018/04/15 22:41
“コンテナで使う環境変数をECSタスク定義に入れるのは推奨されてないため、AWS Systems Manager パラメータストアを使って管理している。AWS Systems Manager パラメータストアはKMSを使った暗号化に対応している。”
2zentarou@hatena 2018/04/15 23:04
“Terrafrom”
3h5y1m141@hatena 2018/04/16 06:33
ちょうどこういう感じの構成を目指していたのでとってもありがたい(特にtfstateのS3管理は最近調べていたトピックスだったから)
4sulky@hatena 2018/04/16 10:42
db:migrate終わる前に、serviceのdeploymentがかかりそうな気がするけど違うのかな
5unsoluble_sugar@hatena 2018/04/16 11:10
めも
6ogawa0071@hatena 2018/04/16 16:25
ECSはTerraformと相性悪い印象。 `.tfstate` 分けるぐらいならECSだけ ecs-cli 使ってもいいかも。
7yatmsu@hatena 2018/04/30 05:16
さすがダニーちゃんやで
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-15 14:26:01:1523769961:1531749372
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応