日本開発の飛行艇「USー2」インドで製造に向け合意 | NHKニュース

海上自衛隊の救難飛行艇「USー2」のインドへの輸出について日本とインドの政府間で協議が続くなか、インド側が求めていた製造技術の移転へ向けたインドと日本のメーカーの合意が成立し、今後、両国政府の協議が大きく進展する可能性が出ています。 日本政府は防衛装備移転三原則に沿って、安全保障で協力関係にあるインドへ輸出するためインド政府との間で協議を続けていますが、インド側は一定数の機体をインド国内で生産する...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1STARFLEET@hatena 2018/04/17 11:15
ロシアの飛行艇より新明和を選んだ理由ってなんなんだろう。やはり離発着水能力ってことなのかねえ。
2daruyanagi@hatena 2018/04/17 12:41
おぉ
3Assume@hatena 2018/04/17 13:32
漕ぎ着けましたか >「マヒンドラ・ディフェンス」は、先週、インド南部で開かれた兵器の国際見本市で、「US-2」を製造している新明和工業と、機体の製造や組み立てなどで協力することで合意し、覚書
4mur2@hatena 2018/04/17 16:11
新幹線みたいに技術流出で将来日本の航空産業を脅かしそうで怖いな。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-17 08:00:02:1523919602:1531790392
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応