ヘビの胴体が長いメカニズムがわかった! – 脊椎動物の後ろ足の位置の多様性を生み出す仕組み – academist Journal

私たちの後ろ足は背骨の中の仙椎の場所にあります 私たちヒトを含む脊椎動物の体の中心には背骨(せぼね)があります。背骨はたくさんの脊椎骨(せきついこつ)が1列に並んだ構造をしており、脊椎骨は形の違いで頭に近い方から頸椎(けいつい)、胸椎(きょうつい)、腰椎(ようつい)、仙椎(せんつい)、尾椎(びつい)と呼ばれています。私たちの後ろ足は骨盤(こつばん)を介して仙椎に接続しています。 脊椎動物の骨格パタ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1matsui899@hatena 2017/09/14 13:40:12
GDF1の発現が遅いと胴が長くなる
2miyakeyuki@hatena 2017/09/14 16:57:36
へぇへぇ
3kamei_rio@hatena 2017/09/15 06:13:01
"なぜ後ろ足は必ず仙椎の場所に作られるのか" GDF11の活動が遅いほど胴が長くなる
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-14 03:32:01:1505327521:1506348186
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応