国立遺伝学研究所:動物が人に懐く遺伝子の領域特定  - 毎日新聞

動物が人に懐く性質に関わる二つの遺伝子領域を、国立遺伝学研究所(静岡県三島市谷田)の小出剛准教授(行動遺伝学)や松本悠貴・総合研究大学院大院生(同)のグループが、マウスを使った実験で特定したと発表した。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」電子版に発表した。 今回の研究では、人に近づいてくるマウスを選び交配を重ねることで、人に懐きやすいタイプを作った。懐きやすいマウスと通常のマウスの遺伝子配列...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1shinep@hatena 2017/07/18 02:17:01
順遺伝学的な実験
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 13:26:16:1500265576:1505855700
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応