ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる--脳科学者・中野信子氏が解説する「シャーデンフロイデ」という感情 - ログミー

上智大学で行われた脳科学者・中野信子氏の講義「脳科学と世界の中の日本」。芸能人の不倫や不祥事を過剰に叩くときに生まれる「シャーデンフロイデ」という感情と、それが共同体のなかで果たしてきた役割について解説しました。 関係ない人が「社会のために」攻撃を始める 中野信子氏(以下、中野)  理想主義的要素が強い社会、というのを想像してみてほしいんですけれども。ちょっと窮屈じゃないですかね。 みんなが素晴ら...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1Alpha21164@hatena 2017/09/13 12:29
"理想主義的要素の強い社会では、自分が何かを達成する、何かを実現するというよりも、なるべくバッシングを受けないようにする戦略が適応的である社会です。これが世界的に見たときの日本の幸福度の低さに反映
2asanoyoshik@hatena 2017/09/13 16:38
ほうほう。
3fujiriko59@hatena 2017/09/13 18:01
炎上ってすごく面白い現象なので、脳科学とかネットワーク理論とかとを統合した炎上理論がまたれる
4kazoo_keeper@hatena 2017/09/13 20:28
「理想主義的要素の強い社会」という言い方は語弊を招くかも。実際によく叩かれるのは理想主義=リベラルの方なので、「多数派が慣れ親しんだ【世の中のあるべき姿】が支配的で固定化された社会」くらいがいいかな。
5akinobu-music@hatena 2017/09/13 22:48
from Pocket Tag:00_inbox 関係ない人が「社会のために」攻撃を始める 中野信子氏(以下、中野) 理想主義的要素が強い社会、というのを想像してみてほしいんですけれども。ちょっと窮屈じゃないですかね。 みんなが素晴ら
6dltlt@hatena 2017/09/13 23:12
妬みが原因となるタイプの「シャーデンフロイデ」は、つるし上げをするほど激しい感情ではないようだが…>https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsre/16/1/16_1_36/_pdf
7akihiko810@hatena 2017/09/14 00:42
妬みを感じたとき、相手の足を引っ張る行動に出やすいかもしれないことを示すデータがあるんです。妬みの相手がダメージを受けたときの快感は、男性のほうが強く
8n_pikarin7@hatena 2017/09/14 02:26
ウィキペディアにこの人の学術論文の引用数乗ってるのが面白かった。
9Josui_Do@hatena 2017/09/14 10:11
人間は程度差はあれども、誰しも「他人の不幸は蜜の味」で快感を得られるようになってるからなあ
10shinep@hatena 2017/09/14 15:25
『ハーモニー』の世界だ
11possesioncdp@hatena 2017/09/14 20:46
つまり、安倍さんがやろうとしてる美しい国とか道徳教育みたいなやついちばんダメじゃん。 しかしこの人途中の話から見ても、研究者ぽくないな。ゆうきゆうみたいな学者風芸人って感じ
12sakushahushou@hatena 2017/09/14 22:24
ファスト&スロー下p142
13houyhnhm@hatena 2017/09/15 08:11
胡散臭え。
14yuji317@hatena 2017/09/15 12:25
理想主義社会とは、"あなたも素晴らしい人間であることを強要される社会です。理想主義的な要素が強いというのは、裏を返せば、理想の姿ではないものはバッシングの対象になるということ"
15sds-page@hatena 2017/09/15 13:34
虐殺器官だ
16yumainaura@hatena 2017/09/17 09:47
“サンクションのメリット、つまり叩く快感のほうがリベンジのリスクよりも大きい時、これは匿名で叩くという行動の時にリスクが少なくなるわけなので、相対的に制裁行動のメリットは大きくなります。”
17sky-y@hatena 2017/09/18 08:20
“芸能人の不倫や不祥事を過剰に叩くときに生まれる「シャーデンフロイデ」という感情と、それが共同体のなかで果たしてきた役割”
18sthya@hatena 2017/09/18 11:01
そうかなぁ…。結局は人によると思う。最近は、( ゚Д゚)ハァ?とか、(*´Д`)ハァ?しか思わなくなってきている…。
19isrc@hatena 2017/09/18 23:50
「逆ギレされる」リスクを乗り越えるために、脳が工夫をしたのが「バッシングに快感を持たせる」/大義名分を与えられ叩く快感を無尽蔵に得る。これが、理想主義的な社会の輪の暗い側面/日本こそがそうした社会
20vac201@hatena 2017/09/19 09:50
サーペン・ソーティアかと思った!
21tick2tack@hatena 2017/09/20 22:10
よくわからんな。単に怒り・妬みは「攻撃衝動」と「相手の弱体化による快感」を生むというだけでは。「複雑な社会システムのための器質」という発想はだいたい怪しい。/ https://goo.gl/dvywZx こっちの説のがおもしろい
22ninjaid2000@hatena 2017/10/22 13:42
悪感情は生理的嫌悪か、苦労した他人の成果とるな、かと思ったけど、外敵扱いと懲罰、どっちもあるかもしれないですね。システムをどう認識しているかにもよる(この人が美人だから、私も得していると思うか、など
23akupiyo@hatena 2018/01/20 20:41
“実は男性のほうが、妬みを感じたとき、相手の足を引っ張る行動に出やすいかもしれないことを示すデータがあるんです。妬みの相手がダメージを受けたときの快感は、男性のほうが強く感じているんです。“
24finalvent@hatena 2018/01/21 08:56
「ネットで誰かを吊し上げて叩くと快感が得られる–脳科学者・中野信子氏が解説する「シャーデンフロイデ」という感情」
25arajin@hatena 2018/01/21 14:22
“集団の存続、種の保存という観点からはバッシングが必要だという事情がある。 そこで、そのリスクを乗り越えるために、脳が工夫をしたのが、「バッシングに快感を持たせる」ということです。”
26sbedit1234@hatena 2018/01/22 16:54
「脳科学」は怪しいサイン
27SCR@hatena 2018/01/23 18:51
“中野信子”
28anhelo@hatena 2018/01/24 18:34
相手の足を引っ張る行動に出やすいかもしれないことを示すデータがあるんです。妬みの相手がダメージを受けたときの快感は、男性のほうが強く感じているんです
29deadwoodman@hatena 2018/02/05 12:35
“ヒト社会では、「妬み」が「検出モジュール」として使用されている可能性があります。”
30meijiro@hatena 2018/03/11 18:04
分かりやすい!!ジャポネーゼの幸福度が低い理由がしっくり!
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-13 06:50:01:1505253001:1531833953
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応