東京新聞:五輪資料貸し出し・閲覧休止 旧国立内のスポーツ博物館・図書館:社会(TOKYO Web)

旧国立競技場(東京都新宿区)にあった過去の五輪のメダルなどスポーツ関連資料を保管する「秩父宮記念スポーツ博物館・図書館」が収蔵する資料約六万件と図書約十六万五千冊について、これまで行っていた貸し出しや閲覧のサービスを四月から無期限で休止したことが分かった。人員削減に伴う業務の縮小が大きな理由だが、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックに向けて両館の資料の活用を考えている自治体などもあり、大会の機運醸成...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1ncc1701@hatena 2018/04/17 09:45
東京五輪は何かにつけて貧乏くせえ話ばっかりでウンザリ。
2quick_past@hatena 2018/04/17 11:32
これを見ても政府からしたら単なる一過性のイベント扱いなのに、ことごとく日本復興のアイコンとして持ち上げる皮肉。
3kananta@hatena 2018/04/17 12:43
国立スポーツ博物館を創設して五輪とパラと国体と競馬競輪競艇オートと囲碁将棋麻雀花札トランプとeSportsを並列で展示しよう。
4bt-shouichi@hatena 2018/04/17 13:30
秩父宮記念スポーツ博物館・図書館」が収蔵する資料と図書の貸し出しや閲覧のサービスを四月から無期限で休止。JSCへの予算削減の影響で本年度から両館の人員が半減したと
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-17 04:42:01:1523907721:1532212429
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応