「灘高校1979年卒」の神童は、大人になってどうなったのか? | 文春オンライン

「灘高校1979年卒」の神童は、大人になってどうなったのか? 勝谷誠彦、和田秀樹、中田考は新・警視総監と同級生 ©iStock.com どんなに勉強したってかなわない相手がいる。教科書をパッと読んだだけで、教師の話をさっと聞いただけで、すべてを、いやそれ以上を理解してしまう人たちだ。彼らは幼いころ、神童と畏敬の念をこめて呼ばれていた。 神童は大人になってどうなったか。願わくば、頭の良さを生かして、...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1kyo_ju@hatena 2017/09/13 13:55:54
勝谷をはじめ迷走している感が否めない/灘に行けたのに母親が行かせなかったのが本田透@しろはただっけ?
2otokinoki@hatena 2017/09/13 14:26:34
これ単独で読むと食い足りない/灘中高で高橋源一郎を文学へ誘い、東大で内田樹をレヴィナス研究へと導いた伝説的な天才・竹信悦夫への言及が欲しいかな/進学校の男子が何を面白がっているかは注目したい
3Louis@hatena 2017/09/13 15:36:38
「勝谷誠彦、和田秀樹、中田考は新・警視総監と同級生」水道橋博士、甲本ヒロト、中川智正が中学の同級生というのに通じる何かがある
4togusa5@hatena 2017/09/13 17:56:05
Tehuくんかな?
5hisawooo@hatena 2017/09/13 20:05:01
「最近まで勝谷をSNSで罵倒していたが、『感情的にならない本』を出してベストセラーになった。」笑った
6arajin@hatena 2017/09/15 07:38:06
「灘神童79年卒業組。総代(卒業生代表)は成績トップの天才ではなく、生徒会長をつとめた存在感抜群の勝谷誠彦だった。」
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-13 04:30:01:1505244601:1511279271
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応