憤るアメリカ白人とその政治化 (ニューズウィーク日本版) - Yahoo!ニュース

<『ヒルビリー・エレジー』が話題となり邦訳も出たが、実はそれだけではない。同様に話題になったのが、政治学者による『憤怒の政治』と、社会学者による『故郷を失った人たち』。いずれも「共和党を支持する白人労働者層の生態と心理の入門書」だ> 本稿では、ドナルド・トランプ大統領を生み出した社会的な背景を理解する書として米国内で話題になった最近の二冊の著作を紹介したい。いずれも、トランプの登場そのものについて...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
2017-09-14 04:20:01:1505330401:1506347206
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応