合成変量とアンサンブル:回帰森と加法モデルの要点

合成変量とアンサンブル:回帰森と加法モデルの要点 1. 合成変量とアンサンブル:回帰森と加法モデルの要点 機械学習における「⽊」や 「森」のモデルの歴史と今 2017年6⽉19⽇(⽉) SIP研究会 招待講演 @ 新潟⼤学 • 決定⽊・回帰⽊の歴史と問題 • ⽊から森へ • バギングとランダムフォレスト • 勾配ブースティングとXGBoost • ランダム⽊とExtra Trees 2. 合成変量...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1smly@hatena 2017/09/13 21:59:57
公式曰く a の発音は短い https://twitter.com/benhamner/status/581912672364597248
2repose@hatena 2017/09/14 06:30:45
木の歴史を知らなかったから勉強になった
3chezou@hatena 2017/09/14 08:11:45
決定木からXGBoostとその先の歴史がまとまっていてわかりやすい。Rendleさん鷲尾研時代にFM作ったんだ...
4call_me_nots@hatena 2017/09/14 16:20:55
背景知識も含めてめちゃめちゃまとまってて面白い
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-13 18:54:01:1505296441:1506399474
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応