コーディングもテストも持ち回りな新プログラミング手法「モブプログラミング」とは何か――本場 Hunter社に学ぶ (1/2):CodeZine(コードジン)

モブプログラミング(Mob Programming)をご存じだろうか。簡単にいうとペアプログラミングの人数をもう少し増やし、4、5人のグループでひとつのプログラムを開発していくスタイルだ。数年前、アジャイル開発のひとつとして生まれた。 役割分担ではなく協働作業という考え方 プログラミング、コーディングというと、ともすると優秀なスーパーエンジニアが一人で設計、コーディング、デバッグまで進めるという、...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1lbtmplz@hatena 2018/02/14 19:02
仲がよいと上手くいきそう
2kamonamban@hatena 2018/02/15 15:56
"日本は、個人プレーよりチームワークを重視" ひたすら個人技で押し通す傾向の方が強いと思うが(たとえチームを組んでいても)
3souvenir038@hatena 2018/02/15 21:23
開発過程がレビューにもなるためクリーンコードやバグなしも期待できる。メンバーは特定の業務専任になるわけではないので、休みが自由にとれる。全体の技術スキルが高まる、組織構造がフラットに、などの効果も。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 17:15:01:1518596101:1527133062
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応