News Up 7月6日夜 広島で起きていたこと | NHKニュース

その朝、衝撃的な映像がテレビに映し出されました。広島の上空を飛ぶヘリコプターがとらえた泥水で覆われた街です。 「4年前の土砂災害の悲劇がまた繰り返されたのか」 「みんな避難できたのだろうか」 同時に前の日の夜、私たちがあちこちで目にした光景を思い出しました。自宅に帰る途中で起きていた激しい渋滞です。...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1gdno@hatena 2018/07/11 18:49
貴重な現場の声。たしかに、雨は日常の延長で、地震なんかの災害より気持ちの切り替えをしにくいかも。
2neco22b@hatena 2018/07/11 19:59
俺も雨の場合は正常性バイアスで判断遅れそうだな。閾値決めて機械的に判断するしかないかな。
3hanamichi36@hatena 2018/07/11 20:02
これこれ。今回の事で知りたかったのはこういうの。縦軸の時間の経緯がよくわかる。あとは横、これも今回の災害ではよく分からない
4mikanyama-c@hatena 2018/07/11 20:05
帰れるうちに自宅へ帰ろうとしたら実は途中で災害に巻き込まれていたと…"私たちが遭遇した渋滞は、今にして思えば日常生活が災害に見舞われたことを示す、境目の出来事だったのです"
5u_eichi@hatena 2018/07/11 20:09
東日本大震災のときも、自分のところは震度5だったので、大きい地震だったけどそんなに大したことでもあるまいとそのまま会社を出て客先に向かった。途中の避難者やタクシーのニュースで、あ、災害かこれと思った。
6yukatti@hatena 2018/07/11 20:15
"私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます"
7timmytimmy@hatena 2018/07/11 20:21
「まさか自分に災害が」という思い込みこそ最大の敵だよね。用心深く備えておいて、何事もなく過ごして後で用心を笑い飛ばせばいい話なのに、ついつい「まだ大丈夫」と突っ走ってしまう。今回本当にそう思った。
8c_shiika@hatena 2018/07/11 20:28
"この記事を書いているもう1人の私" という書き方に文学みを感じる / "りえぞう"
9takamatumoto7@hatena 2018/07/11 20:44
今回の雨は台風が通り過ぎたからもう大丈夫だと思って油断してたところはある
10kastro-iyan@hatena 2018/07/11 20:57
じわじわと災害と気づいてく感じがとてもリアル
11tsutsumi154@hatena 2018/07/11 20:58
ここ50年ほどの豪雨はほとんど梅雨前線活発化で起こってる https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180711-00010002-nipponcom-soci
12qt_fb@hatena 2018/07/11 21:15
災害への巻き込まれ方がよく分かって良い記事だが、りえぞうのところをトリミングしなかったのが気になってしょうがない……
13pitti2210@hatena 2018/07/11 21:24
「私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます」
14haruten@hatena 2018/07/11 21:34
地震と違って、日常モードと災害モードの切り替えタイミングがないところが難しい。振り返ってみれば、あの時逃げておくべきだったとかわかるんだろうけど…
15xevra@hatena 2018/07/11 21:45
雨雲レーダーを見れば致命的な事はスマホで分かる。なぜ活用しないのか。AIが最適な行動をレコメンドするしかないね
16tanaboo@hatena 2018/07/11 21:52
こうみると当事者としたら判断難しいかも。教訓にしたい。
17kuroi122@hatena 2018/07/11 22:04
ご無事で良かった
18yamadar@hatena 2018/07/11 22:19
確かに、災害は日常から繋がってる
19nil0303@hatena 2018/07/11 22:23
大雨警報レベルだと普通に仕事しようとするのが問題。法律作って強制帰宅させるくらいのことしないと日本人は動かない。
20mocchi_rie@hatena 2018/07/11 22:24
被災地域在住。今回は“バケツをひっくり返したような”と表現される危機感を覚える降り方ではなく、“比較的”強い雨が長く降った印象。建物内に居ると実感がなく、警報を甘く見積もっていたと反省している。
21hatayasan@hatena 2018/07/11 22:30
「災害に巻き込まれつつあると感じた時に、今できることを冷静に考えることが避難行動につながる」
22nicoyou@hatena 2018/07/11 22:49
“私たち記者は、災害が予想される際に、いつも「警戒」や「早めの避難」を呼びかける原稿を書いています。しかし、私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます。”
23kiku72@hatena 2018/07/11 22:52
“自宅に帰る途中で起きていた激しい渋滞です。その意味を考えました。(広島放送局記者・秦康恵・大石理恵)”
24millipede@hatena 2018/07/11 22:57
4年前は大雨と落雷が夜中続いて大音で眠れなかったけど、今度のは強めの雨が長く続いただけという感じで気づいたら冠水していた。完全に舐めて休日に出掛けてた
25cebtis@hatena 2018/07/11 23:01
撤退をすぐ決断するって、心理的に難しいものなんだろうと思うけど出来ないといけないな
26ikanosuke@hatena 2018/07/11 23:03
例えば東日本大震災、首都圏は多くの帰宅困難者が街に溢れていたが、二次災害の危険が自分の身に及ぶ可能性を考えていた人はいかほどだったであろうか。正常化バイアスを甘く見てはならない。
27kjin@hatena 2018/07/11 23:04
いつもの後出しジャンケンと切り捨てコメが辛くてしんどい。ありがとうございます。
28mozukuyummy@hatena 2018/07/11 23:11
パニック映画(スピルバーグの『宇宙戦争』とか)の主人公一人称視点の映像を見ている感覚をおぼえた。我々は後知恵で何とでも言えるけど、当事者が見えるのは身の回りのことだけというのがよく分かる。
29greenbuddha138@hatena 2018/07/11 23:14
こわいね
30meeyar@hatena 2018/07/11 23:15
ヤバい・ヤバそうの直感はあっても「今、この場で」ベストな判断・決断は難しい。貴重な証言/色んな情報がリアルタイムで公開されていてもその全てに接しているわけではない。何故見なかったのか、は後出しバイアス
31EnergeticDuck@hatena 2018/07/11 23:17
これは良いレポート。主観で見ると難しい事もあるよね。私がFPS苦手ってのもあるが。
32hogefugapiyox@hatena 2018/07/11 23:24
福岡地元局では兎角暗くなる前に逃げろ、絶対に一人で逃げるな複数人で逃げろ、無理なら家の中でも安全な所に移動しろ命を守れと、耳にタコが出来るほどやっていた。それくらい人に言われて初めて、切迫感が生まれた
33makou@hatena 2018/07/11 23:35
「(土砂崩れの)現場行こうかと思ったけど、デスクが『危ないからやめて』って。」
34napsucks@hatena 2018/07/11 23:41
NHK職員はどこにでもいるな。一人一人が貴重なレポーターだ。スリーパーセルってやつだっけ?(違
35nachurie@hatena 2018/07/11 23:41
電車が遅延&混みすぎて乗れずに会社遅刻して、結局電車が止まって定時前に強制帰宅。私このままいつか正常性バイアスで死ぬなと思ったよ…/パニック映画の導入部ってリアルなんだなって感想を抱いてしまった
36p_papua@hatena 2018/07/11 23:42
家に子どもを残しているなら,誰かに預けていたとしてもやっぱり帰りたくなると思う。子どもがいなかったり,独身だったりすれば,職場に留まるという選択もしやすいだろうけど。
37hosyu_ha@hatena 2018/07/11 23:47
ここ数年、「バケツを引っくり返したような雨」が降って、土砂崩れとか道路が冠水したりするけど、そんな日でも普通に出勤する人ばかり
38ayumun@hatena 2018/07/12 00:04
ずっと天気予報でヤバいヤバい言ってたんだけど、放送してる側もこんな感じなんだな。天気予報って天気図とかレーダー予報とか見る人は少なくて、みんなお天気マークしか見てないんだよな。台風の時気付いたよ。
39noodlemaster@hatena 2018/07/12 00:04
経験しているか余程知識がないと境目を察知出来ない。やはりそこは、行政による警報に頼らざるを得ないんだと思う
40notr85@hatena 2018/07/12 00:05
“日常と災害の境目 見つける難しさ” まさにこれだ…。
41anon-c@hatena 2018/07/12 00:09
多くの人は大雨の前では「しばらくまてばやむ」と判断をする。原因の1つに子供の頃の夕立の経験があるのではないか。災害になる雨は,100mm/10分の雨ではなく15mm/10分(=これは夕立だ)の雨が降り止まない現象なのだ
42dubdubchinchin@hatena 2018/07/12 00:10
“日常と災害の境目 見つける難しさ”
43reijikan@hatena 2018/07/12 00:17
避難勧告が出ていたのですよね。
44saikorohausu@hatena 2018/07/12 00:34
"「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしい" 特に雨だと…雨雲レーダーなんて自分から見た記憶ないし、何ミリの雨って言うのもどのへんから危ないとか冠水来るとか分からん
45hdampty7@hatena 2018/07/12 00:44
今回の教訓は雨量を起因とする災害は日常の延長にあるので個人の判断では避難するタイミングを見極めることが難しいということかな。だとしたら、もっと極め細やかな避難指示を発動できる体制と仕組みが必要。
46wapa@hatena 2018/07/12 00:46
豪雨と違って、長時間の雨によるものだから急激な危機意識上昇に繋がらなかった、と。冠水した地面とか見ないとなかなか実感湧かないよね、たしかに。
47hideo54@hatena 2018/07/12 00:55
“私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます” わかる
48samu_i@hatena 2018/07/12 00:57
1日以上雨が降り続いた場合危ないので日が出ているうちに帰ろう。いつも日が出ているうちに帰りたい
49microbiology@hatena 2018/07/12 00:58
りえぞうってあだ名カワイイですね
50rakugoman@hatena 2018/07/12 00:58
倉敷市では雨音で警報が聞こえなかったという人も多いので、周知の仕組みは考えた方がいい。
51lithiumflower2@hatena 2018/07/12 01:02
難しいなーーこれは確かに
52Capricornus@hatena 2018/07/12 01:30
自分も初被災だったけど、日常と非日常の境目は玄関に水がチョロチョロと流れ込んで来ているのにたまたま気付いてからだった。そこから大した対策も取れずあっという間に浸水しました。外は道が全て川になってた。
53tetora2@hatena 2018/07/12 01:32
今回の件を教訓として治水事業の推進と、今後のガイドライン策定を急ぐべきだな。もちろん被害の回復が最優先だが。
54rocoroco3310@hatena 2018/07/12 01:33
自宅は高台だけど子供の保育園はハザードマップで浸水の危険性があるんだよな…。避難所の小学校も。雨が強く降っている時、降り続いてる時は早めに迎えに行って帰宅する、しかないかな
55hinbass@hatena 2018/07/12 01:33
現場でさえこれだけ判断が難しいというのに、遠く離れた首相は前日に気付けという理不尽
56shozzy@hatena 2018/07/12 01:36
貴重なレポート。
57nazumu@hatena 2018/07/12 01:40
「日常と災害の境目 見つける難しさ」
58htnmiki@hatena 2018/07/12 02:22
気付いたときには遅いと。移動中だと余計に難しいな。
59morygonzalez@hatena 2018/07/12 02:22
NHK の記者、災害のときは書き入れ時で帰れないもんだとばかり思ってた。実際は地元で両親のサポートを得ながら仕事ができるんだなぁ。ワークライフバランス取れてそうで羨ましい。
60Nean@hatena 2018/07/12 02:37
気象庁、むくわれないなぁ。
61manjirou99@hatena 2018/07/12 03:00
私も被害の軽い地域に住んでた事もあり当初重大さの実感がなかった。家の中で見ると割と普通の雨量だった。 山の方に出かけてみてヤバさを実感した。道が崩落しトラックが落ち電柱が倒れかけ、駅は水没していた。
62dazz_2001@hatena 2018/07/12 03:10
これこそ、現場の記者の目線。
63b4takashi@hatena 2018/07/12 03:21
今回の豪雨への政府の対応の遅さが批判されているけど、長雨による分かりづらさというのが原因としてあるのだろうな。
64whoge@hatena 2018/07/12 03:49
二人ともNHKみたいなところでワーママしててすげえなあと思いました
65hindjack@hatena 2018/07/12 04:18
南部から中部に通勤してるんだけど、南部はそうでもなくても5日も中部はすごい豪雨だった。南部は雨が弱くても中部や北部は雨が強いってこともある。南部の降水量だけじゃ川の水量を判断できないなって感じた。
66dalmacija@hatena 2018/07/12 04:19
6日午後7時頃市内に行きたいけど2号線渋滞してるみたいだしと、呉方面回っていこうとして失敗だった。焼山で車中泊し自宅に帰れたのは翌日の昼過ぎになった。振り返ると危険なタイミングの局面が3度くらいあった
67Wafer@hatena 2018/07/12 05:17
常に警戒し続けるとオオカミ少年になってしまうし、難しいね。
68kuniku@hatena 2018/07/12 05:18
水ガス電気使える状況、そして移動で車。今回の被害で思い出したのは、アニメ「伊勢湾台風物語」、それと 伊勢湾台風の記録 https://www.youtube.com/watch?v=yWtG5d6LoDg
69Hagalaz@hatena 2018/07/12 05:38
予告されじわじわと来る災害でもそれはそれで判断が難しいものなんだな
70ueshin@hatena 2018/07/12 05:46
日常生活と、災害に見舞われたことの境い目がはっきりしなく、危険地帯にどこから入っていったのか切り分けられないのが、災害。ゆでガエルだよなあ。
71augsUK@hatena 2018/07/12 05:50
311の時も家に帰るために津波警報のでてる海沿いを歩いて帰った人を何人も知ってるし、正常性バイアスの中で安全な判断は極めて難しい。
72shimokiyo@hatena 2018/07/12 05:58
じわじわと迫ってくる災害に気づくのは難しい事がよくわかる。
73sukekyo@hatena 2018/07/12 06:30
生まれて初めてくらい雨で避難しろってスマホがなった。住んでる地区ではなかったから無視したが該当地区でも無視した人が多かったろう。うちはそれでもセーフだったけどアウトになったところもあったわけだ。
74maruX@hatena 2018/07/12 06:36
いくら母親に子供を見てもらっているとはいえ、それは早く帰りたいよなあ…帰らない決断は本当に難しい
75tanayuki00@hatena 2018/07/12 06:37
「私たち記者は、災害が予想される際に、いつも「警戒」や「早めの避難」を呼びかける原稿を書いています。しかし、私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます」
76kuzumaji@hatena 2018/07/12 06:47
日常が災害に変化していく仮定が生々しい…
77call_me_nots@hatena 2018/07/12 06:48
“「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます”
78plutonium@hatena 2018/07/12 06:53
どこまでがただの大雨でどっからが災害なのか難しい…
79tick2tack@hatena 2018/07/12 06:54
“今回の雨は、短期間に集中して降る“わかりやすい豪雨”ではなく、長期間にわたって降り続けたことも、その境目を見えにくくした”
80do-do@hatena 2018/07/12 07:07
ただの強い雨が災害になるとはなかなか思えないだろうな。
81sonzinc@hatena 2018/07/12 07:09
災害時に起こる逡巡について
82sora-papa@hatena 2018/07/12 07:10
記者ですら正常性バイアスにからみとられるということを如実に示している記事。
83pakila@hatena 2018/07/12 07:10
とてもリアルなレポート。特に被害のなかった地域に住んでいたけど、恐怖を感じるような雨ではなく、しっかりとした雨が長時間降り続いている印象だった。
84tahatahon@hatena 2018/07/12 07:18
いやいや記者の認識甘すぎでしょ。みんな日付を確認しよう。6日の時点でこの認識はおかしいって。前日の5日正午の時点で、氾濫危険水位達する川が全国相次いでて、近畿では15万人避難してるんだよ。
85Outfielder@hatena 2018/07/12 07:22
そういう事情で単に逃げ遅れただけだったのを「安倍の初動が遅かった」と政権攻撃に利用してる人達たくさん見た
86zazambo@hatena 2018/07/12 07:23
6日の夜に私が通った道は渋滞も冠水もしていなかったけど通過一時間後には信号待ちの車を30台巻き込んだ土砂崩れが発生し今も通行止のまま あの時の私はこの記者以上に危機感を持っていなかった
87popolonlon3965@hatena 2018/07/12 07:27
ブコメの体験談も参考になる。
88aLa@hatena 2018/07/12 07:28
警報段階で帰宅可能にすれば渋滞を回避できる確率は上がる。避難路の確保は重要。昼なら県外に泊れる。警戒情報を無視して夜に退社では遅いので、特別警報が出るまで働くという悪習慣を改めた方が良いと思う
89sugimo2@hatena 2018/07/12 07:31
“今にして思うと職場にとどまる選択がいちばん安全だったのかもしれません。ただ、街はほぼいつもどおりの光景、家で待っている子どもがいると思うと、そこまでの選択を行う自信はありません”
90ibip@hatena 2018/07/12 07:34
じ 災害時には自動車は被害を拡大する
91sakuragaoka99@hatena 2018/07/12 07:38
すごくリアルだ。素晴らしい記事。
92catstove@hatena 2018/07/12 07:41
完全にこれ。地震だ台風だと言われたら構えるけど、ただ雨がたくさん降ることが自然災害とは思ってなかった。
93arajin@hatena 2018/07/12 07:41
「私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしい」「特に今回の雨は、」「長期間にわたって降り続けたことも、その境目を見えにくくした要因かもしれません。」
94Cujo@hatena 2018/07/12 07:42
このきじをかかせたですくのひと?はえらい/いじょうきしょうということばをあまりきかなくなってからどのくらいたったかな。。。。。
95ipapai0909@hatena 2018/07/12 07:45
こういう災害時は現場の声が重要
96raic@hatena 2018/07/12 07:50
これ読んで安倍擁護ブコメつけるのは流石にキモい。
97mur2@hatena 2018/07/12 07:51
こんな状態なのに平然と営業ができてるシーレ強い。心の支えだ。/自分は気象予測を信じて6日は外での仕事を全部やめて食料品買い込んだ。そう言う判断を国や企業が行なっていたら被害は軽減できたろう。
98Barton@hatena 2018/07/12 07:53
雨だからといって軽々しく見たらいけない、というのが良く伝わるわ。この変わっていく光景がそれを伝えてる。
99bokmal@hatena 2018/07/12 07:54
貴重な記録。“ひょっとしたら私は今、災害に巻き込まれつつあるの?”/ “この記事を書いているもう1人の私” バルタザールの遍歴か悪童日記みたいな
100rub73@hatena 2018/07/12 07:56
“デスクが『危ないからやめて』って。”正しいデスクの判断に涙が出そうになった。部下の身の安全を第一に考える上司にならついて行きたい。
101hiroomi@hatena 2018/07/12 07:59
巻き込まれたと気づいたら逃げるんだけど、逃げられないから近場の安全帯(どこが安全なのかって話もあるけど)にさっさと移動する。土地勘ないと基本無理ゲーだろうな。
102aoi-sora@hatena 2018/07/12 08:01
こういう視点をマスメディアで見られるのは珍しい気がする。
103dgwingtong@hatena 2018/07/12 08:02
フジの目覚ましのは、やらせ!あんな教習ビデオ作るなよ!
104munetak@hatena 2018/07/12 08:04
『今回の雨は、短期間に集中して降る“わかりやすい豪雨”ではなく、長期間にわたって降り続けたことも、その境目を見えにくくした要因かも』
105madridNewyork@hatena 2018/07/12 08:09
安全マージンは多めに取りたいな、サボりぐせがいい判断してくれることが結構ある
106qwanzan@hatena 2018/07/12 08:10
“考え続けたい” 考えるより早めの行動
107gomaberry@hatena 2018/07/12 08:10
台風と言われていたらもう少し違う対応ができたかも。大雨という呼び名だと危機感ない。
108sunamandala@hatena 2018/07/12 08:12
秦さんの娘さんの保育園にはおばあちゃんがいったのかな、子持ちとしてはそこが気になって仕方ない… うちは祖父母も遠方だし、災害時のお迎えについて考えさせられる…
109birdtomita@hatena 2018/07/12 08:13
貴重な現場の声。広島はどこも川と橋が多く、普段から渋滞する。こういうのも災害時には大きな問題になるな。被災された方お大事にしてください。
110ducky19999@hatena 2018/07/12 08:15
“私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしい”
111maturi@hatena 2018/07/12 08:19
正常性バイアス
112questiontime@hatena 2018/07/12 08:20
個人での判断が難しいとすれば、より広域に避難指示を出すしかない。避難指示を出しただけでは個人の判断で残ってしまう人も出るから、避難の徹底、補助のために警察や自衛隊などが動かせる仕組みづくりが必要。
113minoton@hatena 2018/07/12 08:21
日常と災害に明確な境界線は見えないんだろうなとぼんやり思っていたので。リアリティあるレポート
114zu-ra@hatena 2018/07/12 08:24
今回の件を受けてハザードマップは確認した。災害危険区域に住んでいる人は特別警報が出たらどこそこに逃げるとか決めておいた方がいいだろうね。自宅は大丈夫そうだけど実家がヤバイ…
115coopanda@hatena 2018/07/12 08:25
警報でてるから会社休みにしましょうよ帰りましょうよ、とかいうと「何言ってるの?」みたいに言われる世の中をなんとかしてほしい。
116uturi@hatena 2018/07/12 08:27
“私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます。” いつの間にか災害に巻き込まれていた、というのが丁寧に記載されていた。地震とは違った怖さがある。
117sthya@hatena 2018/07/12 08:29
巨大地震だけでなく、災害がおきる可能性があるならあらためて準備しておくべきかなぁ…。我が家だと、キャンプセット一式まで買うか?的な話になったことがあったなぁ…。
118sbedit1234@hatena 2018/07/12 08:41
現地マスコミが6日でこのありさま。5日夜に東京でどうして総理大臣が分かろうか。
119ituka01@hatena 2018/07/12 08:49
“私たち記者は、災害が予想される際に、いつも「警戒」や「早めの避難」を呼びかける原稿を書いています。しかし、私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます。”
120yfujisawa@hatena 2018/07/12 08:50
これだけの短期間で、これだけ大きな未体験の災害が二度も起きたというのは、やはり温暖化等の影響で気候マップが書き換わりつつあるのだろうか。つまり、今後も広島に限らず起こりうると。備えが大事。
121rgfx@hatena 2018/07/12 08:55
やはり「ヤバそうなので公的事業以外、不要不急の出勤を要する操業を取りやめるよう、協力を「お願い」します」つーて、出勤する人数を減らさんとなあ。
122nutahuate@hatena 2018/07/12 08:58
日常と災害の境目…
123timetrain@hatena 2018/07/12 08:58
これは……自分もこうなると思ってしまった。日常が非日常に変わるのを多分受け入れられない。
124kaipu1224@hatena 2018/07/12 08:59
うちの上司なら遅れないように会社来いっていうね。
125sakidatsumono@hatena 2018/07/12 09:02
たまたま6日は有休だったが、6日の時点だと4年前より雨は弱かった。JRは15時に運行停止したけど、職場で帰れ指令が出たのは定時後だった。/前日近畿で、って書いている人いるけど、その時点じゃひとごとだったな
126onasussu@hatena 2018/07/12 09:13
無事で何より、これがある種のヒヤリハット的なものか。正直より啓蒙になるのは危険な目に遭った人、もしくは亡くなってしまった人の場合の経緯。辛くとも今後の為に知りたい
127u-chan@hatena 2018/07/12 09:17
良記事(書いた人は認識してないが)。批難してるのではないがNHKの記者さんですらこの認識だったという現実。気象庁のアラートが住民に全く伝わっていなかったことがよくわかった。
128nokihd@hatena 2018/07/12 09:21
“私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます。 ”
129june29@hatena 2018/07/12 09:22
臨場感があってドキドキしながら読んだ。じわじわと災害に飲み込まれていくの、とても怖いですね…。伝えるプロの仕事。
130kaiton@hatena 2018/07/12 09:24
今回は長くて高原状の大雨だったことで、瞬間雨量だけでなく累積雨量も判断しないといけないことの教訓、気象庁はこれを予想していたのか、それが今後の救いかな?魚梁瀬とかは元々の許容量が半端なさそうなので注意
131kanagawakama@hatena 2018/07/12 09:27
感覚としては日常との区分がつけづらいのは確か、だから気象庁の「警報」「警戒」を一つの閾値とするしかないね。自治体や国の警報は空振り多くてもとにかく従っとけと。機械的にそれを分岐点として動こうぜ
132gimonfu_usr@hatena 2018/07/12 09:27
( /2018年7月豪雨 )( 広島 )( /広島市 /呉市 )
133tweakk@hatena 2018/07/12 09:30
ポニョを彷彿とさせる。あのお母さんは強引に戻ったが…
134suda0803@hatena 2018/07/12 09:30
"この記事を書いているもう1人の私" 二重人格かと思った
135lcwin@hatena 2018/07/12 09:31
地震や台風より豪雨の災害は蓄積されてある時に閾値を超える感じもあるので、「わかりにくい」んだろうなあと。それでも観測体制の進歩である程度わかるようになってきた感じもある。
136iww@hatena 2018/07/12 09:35
自分も「うはーすげー死ぬなこれ」って言いながら本当に死ぬタイプだと思うので、雨雲レーダーを活用すればわかるだろ みたいな偉そうなことはちょっと言えない
137rci@hatena 2018/07/12 09:38
これは貴重な良記事。正常性バイアスもかかるから、災害に巻き込まれかけているかどうかなんて、なかなかわかりにくいものなんだろうなあ
138blueboy@hatena 2018/07/12 09:39
 「日常と災害の境目 見つける難しさ」→ その発想そのものが間違い。安全と危険の境目は、時間軸にあるのではなく、空間軸にある。山裾と川沿いという、二つの危険地域を避けることが大事。一般地域は問題ない。
139You-me@hatena 2018/07/12 09:40
やっぱ人間体験してないことを予測するのは難しいのよ。ちっちゃい頃、近くの川がちょっとあふれたんだけど、その時自分的には「さっき見たばかりの川」の水位が急に1m以上あがったように感じたもの
140sds-page@hatena 2018/07/12 09:44
家の前の道が川みたいになって「うわーヤバイなコレ」って思ったけどその時はたいした事なかった
141kanamatch@hatena 2018/07/12 09:45
6日夜の現地ですらまだ災害かどうか判断つかない状況なのに5日夜の飲み会を非難してるやつらは日本のどこかで警報が出たら全て自粛しろって言いたいの?
142masmas75@hatena 2018/07/12 09:49
昔豪雨で電車が止まる中、妹を迎えに来た友人に付き合って6時間ほど渋滞&冠水していた道路を迂回しながら帰宅した体験は貴重だった。当時はスマホがなかったから直感で判断するしかなかった。
143shea@hatena 2018/07/12 09:52
これ、親に預けてたからまだ良いけど、子供保育園にいたら這ってでもどんなに遅くなっても帰らないとという気持ちになるよな…
144hidamari1993@hatena 2018/07/12 09:53
タイムラインの岡山県民が慌てふためく様子がこれと同じだった。
145merico2404@hatena 2018/07/12 09:53
”私たち記者は、災害が予想される際に、いつも「警戒」や「早めの避難」を呼びかける原稿を書いています。しかし、私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます”
146takeishi@hatena 2018/07/12 09:53
日常と災害の境界の判断は難しい/自己責任で避難の判断させるのは一番やっちゃいけないと思う/避難指示を自治体に丸投げってのもねえ。気象庁はかなり強い警戒の表現出してたけど
147hryshtk@hatena 2018/07/12 09:54
どこが一番安全か
148strbrsh@hatena 2018/07/12 09:55
“私たち記者は、災害が予想される際に、いつも「警戒」や「早めの避難」を呼びかける原稿を書いています。しかし、私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます。”
149kura-2@hatena 2018/07/12 10:00
これはなかなか難しい
150tmizu23@hatena 2018/07/12 10:00
大雨で警報が出たとして、その内、10回に1回だけ災害になる場合、毎回避難する?という問題もある。
151panda_q@hatena 2018/07/12 10:01
「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしい
152areyoukicking@hatena 2018/07/12 10:02
ほんとそう。フォルスネガティブはいきなり判断するのは難しい。
153memoryalpha@hatena 2018/07/12 10:05
極端な話、雨降ってないエリアでも洪水災害はありえるからなー
154diabah_blue@hatena 2018/07/12 10:06
「ただちに身の安全を」は、「避難しないと死の危険があります」くらいでもいいと思うな。
155sub_low@hatena 2018/07/12 10:09
河川の氾濫や洪水は3日間の総雨量が指標ということをゆめゆめ忘れぬこと、、。特にハザードマップで沈むエリアの人たちは。
156z1h4784@hatena 2018/07/12 10:12
素晴らしい記事だが一人称と三人称がちょくちょく切り替わるのが読みにくい。放送原稿をそのまま載せるとこうなるのかな
157coinexchenge99@hatena 2018/07/12 10:15
雨って油断してるけどすごいな
158oritako@hatena 2018/07/12 10:16
日常がいつのまに災害になっていたか、というのがあまりにリアルに記録されている、貴重だ。そして家に子どもがいれば、なんとしても帰ろうとしてしまうだろう、というのも。
159p-mint@hatena 2018/07/12 10:25
災害情報のエリアメールが7/6は午前からバンバン鳴っていたけど職場の帰宅命令はなかった。会議で遠方から来る社員は来るべきではないと思ってたけどはっきり言う人はいなかったなぁ。
160calmazin@hatena 2018/07/12 10:26
大阪の地震の時に沿線JRが止まっていたらもう外出自粛しよう、ただの休日だったとしても良いと個人的には決めたけど、企業はそうしないんだよね。まあ簡単に休めないだろうけど、危機意識を持つ段階の見極め難しい
161takitatu_gennkii0621@hatena 2018/07/12 10:28
広島でもこんなに被害があったのか…。
162Fuetaro@hatena 2018/07/12 10:31
まだ大丈夫だと思っていたらヤバい領域に突入しているという大雨災害の恐ろしさ。
163youdetmg@hatena 2018/07/12 10:36
災害時専用のツイッターとかあればいいのにね。場所と写真でどれくらいの被害が出てるか確認できるような
164kumanomiii@hatena 2018/07/12 10:40
北陸住だけど、2月の豪雪がこんな感じだった。よく降ってるな→これヤバいってなるまでの境目がなく、気がついたらとんでもないことになってた。
165tal9@hatena 2018/07/12 10:47
おぉ。。
166outdoor-kanazawa@hatena 2018/07/12 10:48
台風の雨だからいつも通りだろと思ってたらこの惨状よ。たまたま広島方面だったけど、金沢で起きても同じことになってたと思う。大雨を舐めたらあかん、油断したらあかんという事を痛感したよ。
167abracadabra321@hatena 2018/07/12 10:58
昨日フジでやってた、正常性バイアスのため床下浸水になっても避難しない岡山のお父さんのウェラブルカメラビデオも参考になる。
168quabbin@hatena 2018/07/12 11:02
日常が災害という非常時に変わる瞬間、たしかに難しい
169maitake0808@hatena 2018/07/12 11:06
難しいよね。特に雨は。だって雨なんていつも降ってるもの
170Yagokoro@hatena 2018/07/12 11:08
台風と違って大風がないしな…。
171paravola@hatena 2018/07/12 11:13
日常と災害の境目 見つける難しさ
172cinefuk@hatena 2018/07/12 11:20
「滝のような豪雨」でもなく、台風でもない状況で、避難するのって現実感がない事だよなあ。逃げ遅れた遭難者を責められない
173oktnzm@hatena 2018/07/12 11:26
茹でガエルみたいなもんで(実際には茹でられないが)、地震とは違った難しさがあるよなぁ
174shibusashi@hatena 2018/07/12 11:38
たしかに判断むつかしい。より安全側に見積もって判断するしかない
175y-wood@hatena 2018/07/12 11:41
内の会社は避難指示が遅い、一番混む頃に帰れと言う。災害に合いそうな時はこの文章を思い出したい。
176ytRino@hatena 2018/07/12 11:47
良いレポートだなあ
177takenokago@hatena 2018/07/12 11:51
確かに雨は難しいな。あと保育園に子供がいたら足首10センチまで水がって言われてすら帰るかもしれない。
178miyabiryuryu@hatena 2018/07/12 12:06
非常に有益な現地の体験談。備えの大事さもそうだが、こういった場面場面でどのように事象を捉え判断していくか。難しいところはあるが、現地の体験談も参考にして考えるべきなのだろう。
179Gustav13@hatena 2018/07/12 12:13
今回の災害は、「かつて経験のない」を気象庁が警告するたびに、そんなに危険なら国や自治体が非常事態宣言して、会社や学校にいかせるなよと、何度も思っていた。自主的にそうした判断ができる国民性でなはない
180nununi@hatena 2018/07/12 12:15
「「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしい」
181nn0@hatena 2018/07/12 12:17
レポートがリアルで、ドキドキしながら読んだ。ゆるやかに災害が起こっている時に、正しい判断が出来るだろうか…。
182pero_pero@hatena 2018/07/12 12:19
ああ、これは怖い。地震などと違って災害との境目がグレーなので判断がすごく難しそう。
183hdannoue@hatena 2018/07/12 12:20
NHKは集金の方法が強引など叩かれる要素も持つけど、家族をもって適正な労働条件下で働く環境を整え、その視点からのこういう記事をUPできる能力を持つ点がやっぱ称賛できる。他の民間メディアはできなさそう。
184taka2071@hatena 2018/07/12 12:25
“特に今回の雨は、短期間に集中して降る“わかりやすい豪雨”ではなく、長期間にわたって降り続けたことも、その境目を見えにくくした要因かもしれません。”
185shouhei1123@hatena 2018/07/12 12:26
会社へはNHKを流すのが一番効果ある。
186facebooook@hatena 2018/07/12 12:27
“私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます。”
187takayoz@hatena 2018/07/12 12:32
https://hbol.jp/170357
188toyoshi@hatena 2018/07/12 12:37
臨場感ある貴重な記録。こどもが家にいたら大雨で帰らない判断できるか自信ないなあ。
189sai0ias@hatena 2018/07/12 12:38
良い記事。地震みたいにドッときて分かりやすいものと違ってジワジワ忍び寄ってくると判断が難しいよなぁ…
190hi_kmd@hatena 2018/07/12 12:42
雨の災害は、近所で見えている範囲では災害の規模は見えない。遠くの雨で災害に巻き込まれたりする。だからこそ気象庁は早い段階から強い警告を発していた。個人ではなく国や自治体の判断が必要な事案だった。
191rAdio@hatena 2018/07/12 12:47
蓄積型の災害は正常性バイアスとの闘いでもある。瞬間的な激甚災害とは異なり、「勘」なども含めた咄嗟の判断が状況を左右するわけではないから、即死はしないが、ダメな場合もじわじわと苦況へ陥っていくという…。
192whalebone@hatena 2018/07/12 12:47
『私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしい』
193tiki0108@hatena 2018/07/12 12:54
広島市内(旧市内)というか大手町〜紙屋町の職場にいたら帰るときの見極めが難しいと思う。
194sanam@hatena 2018/07/12 13:00
“(土砂崩れの)現場行こうかと思ったけど、デスクが『危ないからやめて』って。” デスクの人GJ。北海道の吹雪だと、除雪の行き届く町の人は比較的のんびりしてて山の方に住んでる人間は気が気じゃない。
195tohokuaiki@hatena 2018/07/12 13:02
なるほどなぁ。よし、NHK受信料の元はとったぞ。
196mats3003@hatena 2018/07/12 13:07
昨日もニュースで、自宅がすでに冠水してるのに、まだ避難しようとしないおっさんの話題をやってたけど、こういうことだったんだろうなあ。気づいたら被災してるということか。
197nyamadori@hatena 2018/07/12 13:14
日常と災害の境目 見つける難しさ
198simabuta@hatena 2018/07/12 13:18
すごくいい視点の記事。これ残業する(できる)記者にはかけないかもね。
199keiji_kc@hatena 2018/07/12 13:38
さすが、NHKの人の記事は素晴らしい。賢さが滲み出てる。
200kalmalogy@hatena 2018/07/12 13:43
“「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます。特に今回の雨は、短期間に集中して降る“わかりやすい豪雨”ではなく、長期間にわたって降り続けた”
201bros_tama@hatena 2018/07/12 13:49
“日常と災害の境目”ものすごく貴重なリポートだと思う.
202xufeiknm@hatena 2018/07/12 14:49
日常と災害の境目を目撃した良記事。共同通信のクソ記事やバカ上司の擁護と好対照。死者の墓をほじくり返さなくても報道の責は果たせる。
203a_matsumoto@hatena 2018/07/12 14:58
“日常と災害の境目 見つける難しさ”
204kiichi55@hatena 2018/07/12 15:12
いい記事。
205yarukimedesu@hatena 2018/07/12 15:25
まあ、自民亭議員に予測をするのは、不可能だったし、6日の前日である5日に自民亭を中止する能力もなかったんだろうなあ。尊敬できねえ。
206namisk@hatena 2018/07/12 15:58
「強めの雨が長く降っているだけ」に見える状況で、どの時点から危機感を持って行動できるのか?確かに難しい。良記事。
207diveintounlimit@hatena 2018/07/12 16:04
“今回の雨は、短期間に集中して降る“わかりやすい豪雨”ではなく、長期間にわたって降り続けたことも、その境目を見えにくくした要因かも”
208richard_raw@hatena 2018/07/12 16:32
「もう1人の私」SFっぽい。というか主語を整理した方がいいんじゃないかしら。/「『日常』がいつ、『災害』に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます。」
209AyanoIchijo@hatena 2018/07/12 16:49
私も子供達が待ってると思うとむりやり帰ろうとしちゃうだろうな…。
210kosn@hatena 2018/07/12 17:16
茹でガエル現象か
211mactkg@hatena 2018/07/12 17:36
“私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます。”
212Cald@hatena 2018/07/12 17:58
バックビルディング現象のリアル。 http://mizu.bosai.go.jp/wiki2/wiki.cgi?page=2018%C7%AF7%B7%EE6%C6%FC%A4%AB%A4%E97%C6%FC%A4%CB%C0%BE%C6%FC%CB%DC%A4%CB%BA%D2%B3%B2%A4%F2%A4%E2%A4%BF%A4%E9%A4%B7%A4%BF%B1%AB%B1%C0%A4%CE%C6%C3%C4%A7
213kei_ex@hatena 2018/07/12 18:20
水害は日常の延長で起こるから、判断が難しい。これは本当にそうだなぁ……
214ll1a9o3ll@hatena 2018/07/12 18:51
大阪だけど、最寄りの路線が1日止まって、え、雨が数日続いただけやん、なんで?と思ったもんな。広島が大変だったのも数日後に知った。政府の対応遅いと思う半面、自分も予測できなかったなもんなーというのもある
215asanrin@hatena 2018/07/12 19:10
台風のような風のない大雨でこんなことになるとは想像できなかったし、自分が土砂崩れの現場に住んでいたらきっと逃げ遅れてたと思う
216vwtype2_6944@hatena 2018/07/12 20:09
判断難しいですね。自分が危険にさらされてる感覚がまだない局面だと。震災時に、遠距離通勤だったので職場泊まりを早々に決めたのも、結果的によかっただけ。
217chibama@hatena 2018/07/12 20:15
“「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしいと感じます”
218Rubus@hatena 2018/07/12 20:17
"日常と災害の境目 見つける難しさ"
219coper@hatena 2018/07/12 21:01
参考にしたい。
220kissuijp@hatena 2018/07/12 21:06
この感覚は体験しないと分からないかもな。昔豪雨水害に巻き込まれた事あるけど、地震と違って大丈夫かマズイかの判断が難しい。豪雨災害は日常との連続にある。
221Unimmo@hatena 2018/07/12 22:44
気象庁は事前に警告していた。不謹慎でわるいが広島で起きていたことを端的に言えば想像力が欠如し情報処理能力に劣る者たちの愚行だ。
222dambiyori@hatena 2018/07/12 22:52
「しかし、私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしい」
223shinichiroinaba@hatena 2018/07/13 00:17
“私たちの「日常」がいつ、「災害」に変わるのかを見極めることはとてもむずかしい”
224tettekete37564@hatena 2018/07/13 09:03
“日常と災害の境目 見つける難しさ”
225kiran_o@hatena 2018/07/13 18:55
すごく良い記事。境目はその場にいるとわからない。
226garage-kid@hatena 2018/07/13 22:14
988: この状況でパニックにならないのは相当難しそうだ。
227stella_nf@hatena 2018/07/13 23:24
NHK記者の体験記“日常と災害の境目 見つける難しさ”
228filinion@hatena 2018/07/14 08:48
雨は日常的なもので、その危険を認識するのは難しい、と。「今日は道が混んでいるなあ」から、渋滞で車が止まり道路が冠水し土砂崩れの情報が入り…という、身動きできない中じわじわと「災害」が近づいてくる怖さ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-11 13:14:02:1531282442:1531902696
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応