ロドリック「1990年代に世界経済と国内経済・社会の主客転倒が生じた」 - himaginaryの日記

昨日 紹介したロドリックインタビューから、その他のロドリックの発言の概要をまとめてみる。 グローバル化は相異なるレントシーカー集団の相対的な力関係を変え、レントシーキングの土俵も変わったと思うが、レントシ−キング自体が増加したかどうかは分からない。 グローバル化を盲目的に持ち上げ、その恩恵を誇張し、マイナス面を過小評価したことによって、我々は事実上、ある種の権益に特権や優先権を与えてしまった。その...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1maturi@hatena 2018/04/16 22:31
昔と今はずいぶん違うという主張のエントリだが日本とUSAもずいぶん違うなぁ
2tick2tack@hatena 2018/04/16 22:58
グローバル化が引き起こしたと思われる問題点のまとめ。
3paravola@hatena 2018/04/18 20:27
貿易協定によって強力になったレントシーカーは、銀行などの金融機関、多国籍企業、製薬会社の3つ。その影響は、投資ルール、金融サービス協定、知的財産権に見て取ることができる
4haruhiwai18@hatena 2018/05/08 19:07
"少数のエリートと大衆とのギャップを縮めることである。それは教育、知的財産、規制、独占禁止政策における改革となり、ニューディール当時の改革とは随分様相が違ったものとなる" →ニューディール2.0か(マテ
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-16 15:00:01:1523858401:1531851629
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応