消費増税をめぐる「総括的検証」――消費の停滞についてどのように理解するか / 中里透 / マクロ経済学・財政運営 | SYNODOS -シノドス-

消費税率が8%に引き上げられて4年が経過した。2014年4月の増税は財政収支の改善に一定の役割を果たしたが、その反面、消費の大幅な落ち込みを通じて景気や物価の動向にマイナスの影響をもたらした。こうした中、19年10月には再増税(消費税率の10%への引き上げ)が予定されており、その実施・延期の決定が今秋にも行われるものと見込まれる。増税実施の可否を判断するに当たっては、14年4月の増税が景気や物価の...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1maeda_a@hatena 2018/04/17 10:14
社会保障の将来不安や潜在成長率の低下などの要因、駆け込み需要の反動減や天候不順の影響では消費の減退を説明できない。
2takahiro_kihara@hatena 2018/04/17 11:47
【次ページにつづく】続かないorz
3arrack@hatena 2018/04/17 12:14
単に政府や企業等、金を使う余裕のある者が金を使わなさすぎるだけ。/非常時なんだから非常の策を用いて何も悪くないのに、消費税増税という消費が加熱したときの策ばかり取りたがる
4babi1234567890@hatena 2018/04/17 12:36
消費税上がった年って必ず天候不順になるよね
5chiba1008@hatena 2018/04/17 12:39
消費税だけじゃないしね。保険料とかガンガン上がってきたし・・・。
6lli@hatena 2018/04/17 16:47
右軸と左軸で目盛りを揃えてほしいし基準年を2015年と2010年で混ぜないで欲しい。あと8月後半の天候不順は百貨店にとってセールおよび夏を意識した秋物の立ち上がりに甚大な影響が出るのは指摘しておきたい
7crimsonstarroad@hatena 2018/04/17 18:59
消費支出はずっと増加傾向なんだけど、消費税増税で水準が切り下がって、そのあと元のラインには戻らず平行なままな感じ
8myogab@hatena 2018/04/17 23:01
無税と人頭税の狭間で…
9ryunosinfx@hatena 2018/04/17 23:58
今の中年が引退するまで、団塊の世代がいなくなるまで抜本的な対策はできんのだろうな・・・その前に国力が低下して政府がなくなるとか言う事態が起こらなければいいけど。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-17 01:40:01:1523896801:1531749474
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応