「日本郵政の手当廃止」が示す"正社員"の未来 | 検証!ニッポンの労働 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

安倍晋三政権が働き方改革の一環として推し進めてきた「同一労働同一賃金」政策。これは、正社員と非正規社員の処遇について、業務内容などを勘案して不合理なものは是正すべきとする考え方です。同一労働同一賃金の狙いは、処遇の低い非正規社員について改善を行うことにより、国内消費を増大させ、景気循環させるという点にありました。 正社員の処遇を下げ格差を是正する方針を打ち出した このテーマに関連して、先週、大きな...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1arrack@hatena 2018/04/17 12:18:15
住宅手当や扶養手当は生活給の最たるもので、能力によらずして給与を受け取ることが時代に合わなくなったと言える。企業による福祉政策は最終的見直しに入ったのではないか。
2pazl@hatena 2018/04/17 13:31:20
指摘の通りだと思う。市場がシュリンクしつつある中で内部保留を増やすのは当然の力学
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-16 23:00:01:1523887201:1524609107
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応
70