「なぜ高畑勲さんともう映画を作りたくなかったか」――鈴木敏夫が語る高畑勲 #1 | 文春オンライン

高畑さんが亡くなり、「お別れの会」を終えたいまも、気持ちが収まる気配がありません。徳間康快や氏家齊一郎さん、あるいは親父やお袋が死んだときも、葬儀を終えてしばらくしたら、心の整理はついたんです。ところが、今回はなかなか落ち着かない。気がつくと、すぐそこに高畑さんがいるんですよ。こんなことは生まれ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1co8co8@hatena 2018/08/10 11:45
裏話、興味深い。続きはよ
2trashcan@hatena 2018/08/10 11:49
となりの山田くんは金曜ロードショーで2000年に放送されて視聴率9.9%だった。それ以来再放送されていない。
3tabingchu@hatena 2018/08/10 12:00
「なぜ高畑勲さんともう映画を作りたくなかったか」――鈴木敏夫が語る高畑勲 #1 | 文春オンライン 高畑さんが亡くなり、「お別れの会」を終えたいまも、気持ちが収まる気配がありません。徳間康快や氏家齊一郎さん、
4takashiz@hatena 2018/08/10 12:09
あ、これ絶対面白い奴だ
5www6@hatena 2018/08/10 12:10
「高畑さんがやろうとしたことは、娯楽アニメーション映画の枠を完全に越えていた」「一本だけ図抜けてすばらしい作品がある。パーマネントコレクションに加えたい」人の真価は稼いだ金の使い方にあるんだな。
6hal9009@hatena 2018/08/10 12:11
高畑勲の行状を聞くと本当に「口汚さなどとは全く無縁な美しいパワハラ」というものがあり得るのだなと思えるw本当に様々な意味での功績は比類ないんだけどね
7ko_kanagawa@hatena 2018/08/10 12:16
壊れてまでも高畑勲と対峙してやりきったすげえアニメーターというのは一体誰なんだ。正当な評価を今は得ているのかな?/別なとこのブコメから飛べる記事で、田辺修という人らしい。その記事も超面白いので是非
8HatoNarde@hatena 2018/08/10 12:21
宮崎駿よりも押井守よりもよっぽどヤバい男、高畑勲。これだけめちゃくちゃな作り方したくせに駿と違って金は稼げてないしな。
9wonodas@hatena 2018/08/10 12:24
聞けば聞くほどやばいよな、高畑さんは
10gabill@hatena 2018/08/10 12:29
大昔のアニメを観ると絵が妙に現代風で驚く。その理由は輪郭線がないから。アニメの輪郭線は効率化の為に生まれた手法らしい。高畑勲は産業化したアニメ界を見直したかったのかも。 https://m.youtube.com/watch?v=ttRdUjOQ_sU
11behuckleberry02@hatena 2018/08/10 12:30
鈴木さんは冒頭で気を引くのが上手いなあ
12mikanyama-c@hatena 2018/08/10 12:34
"問題は作り方なんです。まわりの人間を尊重するということがない人なんで、スタッフがみんなボロボロになるんですよ。おまけに、ジブリはこうやって作るんだという、これまで培ってきたスタイルにまで手をつける"
13katte@hatena 2018/08/10 12:41
僕はジブリの株持ってないしってぼやいてたけど、原因は本人。パヤオも相当やられてるからなあ。
14lovevoiceryu@hatena 2018/08/10 12:46
分かる。私も『ホーホケキョ となりの山田くん』はすごい作品だと思う。もちろん劇場で観た。自分以外に評価している人がいることに驚いた。
15yuatast@hatena 2018/08/10 12:49
柳川堀割物語の話を聞きたいけど、この中ではやらないかな。愛憎というと多分陳腐で、尊敬と畏怖、近寄りたくない面倒さなどが綯交ぜになってるんだろうなと推測。
16kaos2009@hatena 2018/08/10 13:22
“『火垂るの墓』ではスケジュールが遅れに遅れ、公開に間に合わせるために厳しい交渉をせざるを得ませんでした。107分あった絵コンテを僕は新潮社の担当だった村瀬拓男と相談し、88分まで縮めました。”
17karatte@hatena 2018/08/10 13:26
“自分で作った方法論を否定して、新たに作り直す。創造と破壊と再生。そう言えばかっこいいけれど、現実には50人からいる動画マンの仕事はなくなり、ひとりで線を描かされるアニメーターは疲弊して壊れ”
18kanata0120@hatena 2018/08/10 13:29
続きが気になる。こういうエピソードを重ねればそれだけで映画の企画書が出来そう。
19osyamannbe@hatena 2018/08/10 13:29
日本アニメ界の毛沢東と呼ぶにふさわしい。はたまたスターリンか。
20gurinekosan@hatena 2018/08/10 13:30
敏夫は興行屋で話を盛るけど、その敏夫が高畑監督に対して手に負えなさが滲み出てる。
21incubator@hatena 2018/08/10 13:40
通常アニメは会話中のキャラ等に視聴者の目線を誘導し、絵を作り込む箇所をフォーカスする。一方、となりの山田くんは、そのシーンの主役でないキャラも含め、全員がとてつもなく複雑な動きをしている。脅威の作品。
22aya_momo@hatena 2018/08/10 13:41
氏家の私財で作ればよかったんじゃないの?
23s_tsukiyama@hatena 2018/08/10 13:42
物事を突き詰め、実現を周りに強要してしまう高畑と、自分に描けないものは作らない宮崎駿と。
24toraba@hatena 2018/08/10 13:44
稼いだ金を社員に還元せずに道楽につぎ込む社長と考えると・・・
25jacoyutorius@hatena 2018/08/10 13:45
正直ジブリ解散は高畑勲が原因と思っているのでどんな素晴らしい作品を残していようが好きになれない。それに怒鳴らない・拳を振るわないだけでやってることは昨今のブラック某と同じという印象
26tigercaffe@hatena 2018/08/10 13:45
ジブリの優秀なスタッフをすり潰す、おまえ非常識もいい加減にしろよこのヤロー!!なのだが、高畑勲監督か…むむむ。
27kurokawada@hatena 2018/08/10 14:09
宮崎・高畑・富野・押井監督あたりは揃いも揃って一種の狂人。今だったら絶対に許されないエピソードがてんこ盛り。庵野監督あたりからパワハラが少なくなり、細田、新海と、どんどん人格がマイルドになってゆく。
28solidstatesociety@hatena 2018/08/10 14:13
まぁ明らかにパクさんのほうがやらかしてるからね。
29ayumun@hatena 2018/08/10 14:13
プロデューサーとか演出とか、監督じゃない時の方が良い仕事する印象だったけど、パワハラ力高くて脅すのが上手いからなのか
30atoz@hatena 2018/08/10 14:28
「死ぬまでにもう1本、おれはどうしても高畑の作品が見たい。おれの死にみやげだ。頼むぞ」
31goldhead@hatena 2018/08/10 14:37
"「徳さんはすごかったな。会社から映画まで自分でいろんなものを作った。あの人は本物のプロデューサーだった。おれの人生は、振り返ると何もやってない。70年以上生きて、何もやってない男の寂しさが分かるか」"
32takeishi@hatena 2018/08/10 14:41
破壊者・高畑勲
33kazutox@hatena 2018/08/10 14:51
#2 http://bunshun.jp/articles/-/8407 #3 http://bunshun.jp/articles/-/8408
34shinonomen@hatena 2018/08/10 14:54
「半分、青い。」で涼次が「本当に納得のいくものが撮れれば、それは僕の人生を超える」と言って妻子を捨てたエピソードを思い出した。
35tohokuaiki@hatena 2018/08/10 14:55
本田宗一郎には藤沢武夫が、井深大には盛田昭夫が、高畑勲には鈴木敏夫が。普通に付き合ってるとメンタルやられる強烈な個性を持つ人間にはそれを見守り制御するジョッキーが必要なんだな。
36lastline@hatena 2018/08/10 15:05
高畑さんが作ってるのは芸術作品ってのは本当にそうなんよなぁ
37bigburn@hatena 2018/08/10 15:14
高畑さんはご本人も壮絶な労力を背負っていたとはいえ、「自分で絵を描かない」からどこかブレーキが壊れていたんだよな…
38kowyoshi@hatena 2018/08/10 15:19
あの揶揄ばかりだった山田くんが…>MoMAでジブリ作品の回顧展が行われたときに、担当者が「一本だけ図抜けてすばらしい作品がある。パーマネントコレクションに加えたい」と言ってきた
39gryphon@hatena 2018/08/10 15:22
氏家斉一郎はやせてもかれても上場企業・日本テレビの会長な訳で、「俺が見たいから」で採算が難しい映画を撮らせるというのは原理原則的にはとんでもない振る舞いではあるけどな…
40kenjou@hatena 2018/08/10 15:31
高畑勲は監督としてはとことんエゴイストだったようですが、一方できちんと予算や人員の計算ができるプロデューサーとしての側面も持っていた、というのが面白いんですよね。
41a-lex666@hatena 2018/08/10 15:37
じゃりんこチエ
42STARFLEET@hatena 2018/08/10 15:40
高畑作品は1000年経っても残るけど、この話は20年後には忘れられているだろうな。あと読売の「中興の祖・正力万能」感はちょっとだけ当該社に仕事しに行って居たので微妙にわかるw
43ichbin@hatena 2018/08/10 15:44
これはパワハラにおける暴力的な部分を氏家が代行したみたいな構図に見えなくもない。
44youfokk@hatena 2018/08/10 15:47
芸術家枠だからってのと、死んだからマイルドな評価になってるけど、やってること和民の社長とかと変わらんよなこれ
45akihiko810@hatena 2018/08/10 15:47
ひかえめに言って「ジブリ一番のキチガイ」だもんな。押井が高畑を本で「クソインテリ」呼ばわりしてた
46fukken@hatena 2018/08/10 15:49
この視点で見ると宮崎駿が会社人間の常識人に見えてくる不思議
47kutabirehateko@hatena 2018/08/10 15:53
社会派の芸術家だったんだな。
48a1ue0@hatena 2018/08/10 15:56
そんで解散だとかいって社員を首にするわけ?あほだろ
49toaruR@hatena 2018/08/10 15:57
ディスりで褒めるスタイル(*´д`*)
50droparound@hatena 2018/08/10 16:03
宮崎、高畑監督や富野監督、大友克洋などなど人間性としてはどうかとされている人の作品の方が近年の作家主義の憑き物が落ちた作品より、面白くて観たいと思ってしまう。その人の業が描かれているようなものを。
51aramaaaa@hatena 2018/08/10 16:04
鈴木敏夫は、宮崎駿に作品を作るモチベーションを持たせるために、高畑作品をつくっていたような気がしてならない。それはそれですごい事だが。
52iGCN@hatena 2018/08/10 16:10
「となりの山田くん」ってそんなにすごい作品なの。
53amikonds@hatena 2018/08/10 16:22
かぐや姫の物語がテレビ放送で笑われている(主にアゴ)のをTLで見かけると「この作品はそんな茶化して観るもんじゃないんだよぉー」という気持ちになる
54wacok@hatena 2018/08/10 16:27
続き読みたい
55Galaxy42@hatena 2018/08/10 16:28
かぐや姫は千年残そうとして古典の肩に乗った教養主義の権化。高山寺鳥獣戯画の描き手たちが超絶技巧すぎてつらい。アニメの限界をアニメに表現させる、たいへんに残酷なアニメ。
56cotbormi@hatena 2018/08/10 16:33
狂ってる。天才だとしてもキチガイ。作品を見たいと思わんな。
57sds-page@hatena 2018/08/10 16:38
そういやとなりの山田くん見た事ない
58Surume@hatena 2018/08/10 16:46
やばい
59K-Ono@hatena 2018/08/10 16:49
氏家齊一郎すら成し遂げた感のないまま70になっていたってのはわりと驚く。正力時代を知らないからであろうか。
60htnmiki@hatena 2018/08/10 16:50
「夢と狂気の王国」みんな見ようぜ
61topiyama@hatena 2018/08/10 16:56
中の人にはたまったものではないだろうが、自分も氏家さんと同じで、見てみたかった。
62b4takashi@hatena 2018/08/10 16:58
あの宮崎駿をして「鈴木さん、どうなってるんだ!」と言わざるを得ない状況にした高畑勲さん…『~山田くん』は見ていないが、『かぐや姫の物語』を見てあれは他のアニメとは全く別次元だと思った。
63pero_pero@hatena 2018/08/10 16:58
宮崎駿が常識人に見える
64morinaga3@hatena 2018/08/10 17:07
高畑勲 鈴木敏夫 文春オンライン
65tinpui893@hatena 2018/08/10 17:08
ビジネスとして考えると無しやし、アートとして考えると有り。どっちを取るか難しいね。おれが鈴木さんなら、ストレスでハゲそう。
66gelatosunday_71@hatena 2018/08/10 17:13
あまり、作品を知らないのが、少しみてみようかなとも思う
67ringomoon@hatena 2018/08/10 17:15
魂入りすぎててあまり見たくない、高畑さんのは。
68ipinkcat@hatena 2018/08/10 17:53
高畑作品は見るとしんどい。つくるのはもっと大変。
69julajp@hatena 2018/08/10 18:13
サイコパス的狂気と芸術が組み合わさって、かつ、早い時期での評価が付いたときの戦慄。
70clonicluv@hatena 2018/08/10 18:22
おそろしい……
71cider_kondo@hatena 2018/08/10 18:35
ブコメ見てるとそりゃー岸本卓さんもジブリやめて脚本家なるよなという気分になった。いやその後大活躍してる(今期ははねバド!シリーズ構成)から別にいいと思うけど
72mionosuke@hatena 2018/08/10 18:36
『ホーホケキョ となりの山田くん』が見たくなる。/この記事も読んだ→ https://goo.gl/VJ6g1q
73udongerge@hatena 2018/08/10 18:39
そういう神様の話である。これはもうファンタジーだ。
74NAPORIN@hatena 2018/08/10 18:45
傲慢な芸術家にすり減らされるアシスタントのために死後50年もの著作財産権があるという最新例(ただし映画は公開後70年)。著作権、労基法等法律が芸術家の領域に踏み込めない。職務著作の整備は。
75sgtnk@hatena 2018/08/10 18:52
宮崎駿と高畑勲はどっちが光でどっちが影だかわからんな。大衆的な評価という点では駿が圧倒なんだろうけど…。
76yasudayasu@hatena 2018/08/10 18:53
高畑作品を作ると何が起きるのかを説明しました。「問題は作り方なんです。まわりの人間を尊重するということがない人なんで、スタッフがみんなボロボロになるんですよ」
77bml@hatena 2018/08/10 19:01
かぐや姫は特に面白くはないけど、やってやった感が見える。金やスケジュールを度外視した感が。
78ankoro@hatena 2018/08/10 19:06
のちにMoMA(ニューヨーク近代美術館)でジブリ作品の回顧展が行われたときに、担当者が「一本だけ図抜けてすばらしい作品がある。パーマネントコレクションに加えたい」と言ってきたときも驚きませんでした。
79minoton@hatena 2018/08/10 19:10
別の視点から見ると、強要するので "高畑さんの現場は人がグワーッと育つんだ" そうで https://logmi.jp/217381
80bettychang@hatena 2018/08/10 19:16
"スタッフは次々に倒れ、消えていきました。それを知った宮さんは「鈴木さん、どうなってるんだ!」と激怒しました。「おれはこのスタジオを守りたい」"
81wideangle@hatena 2018/08/10 19:24
ジブリのクレムリンたる所以。
82kirakking@hatena 2018/08/10 19:25
それでも高畑監督は宮崎監督にとっての、頭の上がらない人であり、コンプレックスの対象だったのだよね。
83yajicco@hatena 2018/08/10 19:27
骨の髄まで芸術家なんだなあ。執念とか怨念とかそういうレベルの創作意欲で創るわけだから、周りはたまったものじゃないのよな。
84lone-dog@hatena 2018/08/10 19:46
となりの山田くんの描画と色彩感覚は他作品を超越したところにあったけど、なんでその原作だったのかという思いはいまだに拭えない。
85hazardprofile@hatena 2018/08/10 19:46
となりの山田くんはジブリで3番目に素晴らしいからな
86elephantskinhead@hatena 2018/08/10 19:53
いしいひさいちがアニメ化の話があった時に頭がおかしいんじゃないかと思った後に実際に見てやっぱり頭がおかしいんじゃないかって思ったって話が好き(うろ覚え
87minamishinji@hatena 2018/08/10 20:02
読売の話は鬱陶しいが、高畑氏がどれだけ作品に情熱を傾けていたかが分かる記事。
88dimitrie@hatena 2018/08/10 20:03
何故淋しいジジイの思いつきのために大勢が振り回されないといけないのか?人生でやり残したことがあるなら自分で動けよ。
89dpdp@hatena 2018/08/10 20:05
ふむ
90underdog_slumber@hatena 2018/08/10 20:07
高畑作品なあ見たくならないんだよなあ
91djshacho@hatena 2018/08/10 20:17
勲と言えば柴田の世代。
92yqb38800@hatena 2018/08/10 20:17
どうせ釣りタイトルだろと思って読み始めたら釣りじゃなかった
93kettkett@hatena 2018/08/10 20:18
高畑監督の雑談とか本当に聴いてみたかったよね。他愛もないが存在せず、知識レベル半端ないって皆言うもんね
94sunamandala@hatena 2018/08/10 20:24
これもよい
95natu3kan@hatena 2018/08/10 20:31
逆にジブリのやり方がムラ社会化してて、外のやり方でやると反発が強いとかだったりして。ここにあるようにハードワークさせて潰れない人だけを選別し生かす方法で人を育ててたのなら、旧時代すぎるとは思うが。
96kokoro__chan@hatena 2018/08/10 20:47
伝説ですな
97geopolitics@hatena 2018/08/10 21:34
宮崎駿がアニメーター出身というのがあったのだと思う。
98kuzumaji@hatena 2018/08/10 21:35
"問題は作り方なんです。まわりの人間を尊重するということがない人なんで、スタッフがみんなボロボロになるんですよ"
99taskapremium@hatena 2018/08/10 21:45
まわりの人間を尊重するということがない人なんで、スタッフがみんなボロボロになるんですよ。>天才と仕事すると大変。
100grizzly1@hatena 2018/08/10 22:11
高畑勲の映画は大物パトロンがあってこそなのかもな。関わったTVシリーズには一般受けする名作が多いけど映画は趣味性が強すぎるか。
101nibushibu@hatena 2018/08/10 22:31
チームで制作をするということを考えながら読んでいる…
102honseiri@hatena 2018/08/10 22:31
宮崎駿、実は常識人だったか…
103tecepe@hatena 2018/08/10 22:40
宮崎駿監督も東日本大震災でアニメーターの身の安全がどうとか言ってる吾郎監督を怒鳴りつけていいから作れって言ってたのこわって思ったし常識人じゃないと思うけど…
104Ingunial@hatena 2018/08/10 22:41
宮崎駿は商業作品だったけど、高畑勲は芸術品だったのか
105lady_joker@hatena 2018/08/10 22:50
まだ『かぐや姫』の制作フェーズに入ってないのにこの段階でお腹いっぱいだ。いやあ、最後にあんな人類史に残るような傑作を世に出せて、本当によかった
106ene0kcal@hatena 2018/08/10 23:18
宮崎駿のいちゃもんぶりをテレビで一部知ってたのだが、それよりさらに上いっちゃってた高畑さんなのだな。
107nuryouguda@hatena 2018/08/10 23:32
平家物語は…
108maitake0808@hatena 2018/08/10 23:57
高畑は評価しないけどな。人をボロ雑巾のように使って作ったのが火垂るの墓だなんて笑わせるわ。
109bn2islander@hatena 2018/08/11 00:17
ここで興味深いのは氏家齊一郎の巨人ぶりだろうし、あれだけの大人物なのに自らをなにも成し遂げてないと言うあたり氏家齊一郎のメンタリティの底知れなさを感じます
110mexxx@hatena 2018/08/11 00:39
ジブリは監督の人材不足だな。
111everybodyelse@hatena 2018/08/11 00:41
となりの山田くんの映画のパンフレットを見ると、水彩画調に見せたいがために、色が塗ってある絵、線が描いてある絵、マスク処理をするための絵の3つの絵を描いてて、それを合わせて1フレームにしていたとある。狂気
112eniti@hatena 2018/08/11 00:42
押井守も高畑勲と同じ絵の“描けない”専業演出家だけど、高畑勲と比べたら多少自分のフェチを作品に反映させる程度で全然常識人だと思うよ。ああいう狂気じみた拘りはないし、だから締切は守るし
113Kmusiclife@hatena 2018/08/11 00:52
昭和の男だったんですな。
114iixxx@hatena 2018/08/11 01:09
高畑監督の作品名を見てなるほどな、と思った。一筋縄ではいかなくて、その作品に合った年代になったときに観るとピタッと嵌る作品ばかりだな。
115okemos@hatena 2018/08/11 02:35
『MoMA(ニューヨーク近代美術館)でジブリ作品の回顧展が行われたときに、担当者が「一本だけ図抜けてすばらしい作品がある。パーマネントコレクションに加えたい」』 流石や、山田くん!
116chanmina@hatena 2018/08/11 02:40
これな https://twitter.com/botacou/status/1026637314204688385
117pandaporn@hatena 2018/08/11 02:48
おそろしい
118blue0002@hatena 2018/08/11 03:25
美談だらけの回顧よりは信用できる。狂人をありがたがる風潮は無くしたい
119tanayuki00@hatena 2018/08/11 04:03
圧倒される。
120neko2bo@hatena 2018/08/11 04:20
続編や関連含めて読んでるけど狂気の沙汰ですね。化け物達の想い出話しを聞く感じ。
121pokute8@hatena 2018/08/11 04:37
「となりの山田くん」は鈴木敏夫プロデューサーが原作の大ファンで、乗り気でなかった高畑監督を説得してジブリに作らせた作品、という前知識を踏まえた上で読むべし。https://bit.ly/2M7K1RA 死人に口なし。
122tockthey@hatena 2018/08/11 05:10
高畑監督の「かぐや姫の物語」でアニメーションのアート性を初めて感じることができて感動した。
123seitenugetsu@hatena 2018/08/11 05:42
「ジブリの教科書 かぐや姫の物語」に掲載されている語り下ろし。後半がさらにやばい。
124anguilla@hatena 2018/08/11 07:32
やばい人だったのか
125cinefuk@hatena 2018/08/11 08:34
「高畑さんがやろうとしたことは、娯楽映画の枠を完全に越えていたんです。芸術作品を作るのと同じやり方で作ったわけですから、それはいいものができます。『山田くん』は印象派絵画をアニメで作ったらこうなる」
126ripple_zzz@hatena 2018/08/11 08:50
平家物語は石油王の道楽に頼る他ないっすね。
127shimaguniyamato@hatena 2018/08/11 09:32
狂犬高畑のどす黒い部分である(語る人もこれがまた;)
128big_song_bird@hatena 2018/08/11 09:38
,アニメ界の山師、鈴木敏夫にですらそこまで言わせる高畑監督って…。
129jinakira@hatena 2018/08/11 09:40
氏家にお礼を言わないとな
130netafull@hatena 2018/08/11 10:00
“高畑さんがやろうとしたことは、娯楽アニメーション映画の枠を完全に越えていたんです。芸術作品を作るのと同じやり方で作ったわけですから、それはいいものができます。”
131iww@hatena 2018/08/11 12:21
『芸術作品を作るのと同じやり方で作ったわけですから、それはいいものができます。』 娯楽作品ってのはそうじゃないとな
132kaitoster@hatena 2018/08/11 13:13
無数のアニメーターを潰してきた宮崎駿が常識人に見えるほどの高畑勲の狂人ぶり・・・。長編アニメ映画で原画マン一人体制は無茶過ぎるだろ・・・。しかも作った映画は万年赤字だし・・・。
133hisamura75@hatena 2018/08/11 13:29
いつもの鈴木節ながら、一文一文目が離せない。
134toshi20@hatena 2018/08/11 13:37
訃報が出た時俺は「ジブリで本当にクレイジーな天才は高畑勲の方」と言い続けてきたが、ここまで詳らかに語られる日が来るとは思わなかった。
135isrc@hatena 2018/08/11 14:37
芸術作品を作るのと同じやり方で作ったわけですから、それはいいものができます。絵画における印象派の作品をアニメーションで作ったらこうなる、というのが『山田くん』でした。
136waterperiod@hatena 2018/08/11 14:55
複数の記事感想に見られるとおり、宮崎駿も相当面倒臭い系の方だと思ってたけど、高畑勲の多大な犠牲が生じる面倒臭さの前では常識的なクリエイターに見える。恐ろしい。
137zetamatta@hatena 2018/08/11 15:11
高畑勲監督は「まわりの人間を尊重するということがない人なんで、スタッフがみんなボロボロに」する人だったのか
138synonymous@hatena 2018/08/11 16:18
関東大震災で朝鮮人虐殺につながったデマを拡散した正力を、なぜ崇めるのか。
139bt-shouichi@hatena 2018/08/11 16:34
鈴木はどれだけ話を盛ってるんだろう。今更ながら気になった
140sbedit1234@hatena 2018/08/11 17:04
"締め切りを守らないということもありますが()まわりの人間を尊重するということがない人なんで、スタッフがみんなボロボロになるんですよ" まさに人間のクズ。死んで良かった!地獄に堕ちろ。
141s_atom11@hatena 2018/08/11 18:56
ハヤオとトシオが恐れる男イサオ
142ss-vt@hatena 2018/08/11 19:13
「宮崎駿をも超える狂気の天才」とはよく言ったもの id:s_tsukiyama 高畑は自分じゃ絵描けない人だから、そこんとこ一切慮ることがなかったんだよな
143ono_matope@hatena 2018/08/11 20:55
"スタッフは次々に倒れ、消えていきました。それを知った宮さんは「鈴木さん、どうなってるんだ!」と激怒しました。「おれはこのスタジオを守りたい」。宮さんの気持ちはよく分かりました"
144Sarutani@hatena 2018/08/12 00:05
クリエイターの職人的こだわりはブラック勤務と紙一重という話だよなぁ…。熱心に作り込むほどファンに評価されるエンタメ業界には似たようなケースがゴロゴロしてそう。
145mangakoji@hatena 2018/08/12 12:54
つまり、悪かったのは氏家、という話
146reachout@hatena 2018/08/12 15:52
素晴らしい作品を作るのは確かなのだ。
147ktadaki@hatena 2018/08/12 17:26
高畑、宮崎、鈴木という夜叉達のお陰で、日本のエンターテイメントは随分救われました。 最後の最後に宮崎監督の新作についてあんな話をぶち込んでくる鈴木さん、あなたもやはり夜叉です…。
148scoto@hatena 2018/08/12 18:10
壮絶な
149tamu2822@hatena 2018/08/12 18:23
本日、#3まで完結.....非常に後味の悪い話......天才の周りにはワークライフバランスなんてあったもんじゃないな (´・ω・`)
150tetsuya_m@hatena 2018/08/12 18:27
3まで呼んだ。高畑勲って本物のやばい人だったんだな、映画セッションのバンマスみたいな人を地で行ってる感じ
151arc_at_dmz@hatena 2018/08/12 18:43
凄まじい。
152t0mori@hatena 2018/08/12 18:54
頭では知ってた筈の事ではあるが、当人の声で読むと恐ろしい。
153razokulover@hatena 2018/08/12 22:36
ピラミッド建築みたいな感じだな。現代で人手のみであんな巨大な石の建造物を作ろうとしても無理。奴隷的な強制労働環境があってこそ。高畑映画もそんなこの先作れないような作品になるんだろう。
154natukusa@hatena 2018/08/13 09:37
夢と狂気の王国完全版。
155filinion@hatena 2018/08/13 15:10
画家や小説家みたいに、一人で作品を作る世界ならともかく、スタジオで作るアニメ映画の話だからな…。
156CrasyDiamond@hatena 2018/08/13 15:40
高畑監督作品がなんでオレに刺さらないのかわかった気がする
157mashori@hatena 2018/08/13 16:17
“『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』『平成狸合戦ぽんぽこ』『ホーホケキョ となりの山田くん』『かぐや姫の物語』”どれも最初から最後まで見た覚えがない。高畑勲作品、自分とは今まで縁がなかったのか、未見。
158doronawa@hatena 2018/08/13 16:33
かぐや姫は作品自体はとてもよかったけど、もう二度とこのような作品を生み出してはいけないのだろうなとも思った(#3まで読んだ感想)
159FUKAMACHI@hatena 2018/08/13 16:49
本来なら墓場まで持っていくべき話を、こうもあけすけに披露してくれたことに感謝。高畑やジブリという視点を通じて語られた情念と狂気の日本メディア史。笠原和夫の「映画はやくざなり」という言葉がぴったりくる。
160gms@hatena 2018/08/13 21:11
いやぁ……これは強烈だなぁ。他に言葉が無い。
161jimusiosaka@hatena 2018/08/14 09:31
『山田くん』の作監の小西賢一氏、作画の中心の安藤雅司、賀川愛、稲村武志、近藤勝也などの各氏は『山田くん』以降も現在までアニメ界で活躍されてますので、「壊れた」という表現にショックを受けた人はご安心を。
162hatash@hatena 2018/08/14 11:32
第3段まで公開された。すんごい。
163ichiken7@hatena 2018/08/14 11:35
この話って、ジブリで進めてる次の作品とリンクしてるのかな?だとすると、鈴木Pって本当に恐ろしい、スゴイ人だな…
164colic_ppp@hatena 2018/08/14 11:42
Pかくありき。だけど、長編で回収まで考えるなら普通なら絶対に止める。止めなきゃいけない。だけど、それをするならPではないという考えもある。
165weissorvice@hatena 2018/08/14 12:27
高畑氏のエゴイスティックで徹底した作品作りをどう捉えるかという点においては作品論として語らざるを得ない。あるいは物語として/ジブリの教科書の宣伝としては大胆である。そしてこの人も次作への布石を忘れない
166scudroid@hatena 2018/08/14 15:55
怖い。才能がありすぎた。
167raitu@hatena 2018/08/14 17:09
「ひとりの人間が描いた線で作りたいというんです」「50人からいる動画マンの仕事はなくなり、ひとりで線を描かされるアニメーターは疲弊して壊れてしまう。それでも、高畑さんはやりたいと言いだしたら聞きません」
168SY1698@hatena 2018/08/14 20:48
「マルキストの香りがする」という氏家某の要求に応えたらそのために何人も地獄に沈められたというガチすぎる話
169hilda_i@hatena 2018/08/14 23:14
インタビューなのに転載記事とはこれいかに。/『となりの山田くん』はOP観るだけでなんか泣いちゃう。
170kamemoge@hatena 2018/08/20 13:44
"芸術作品を作る"
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-10 02:55:02:1533837302:1534711030
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応