最近の出版業界は『企画内容ではなく直近の売れ行きで作家を使うかどうか決めている』らしい「既に作家の首には履歴書と値札がぶら下がっている」 - Togetter

近頃、新しいアイデアを盛り込んでプロットを送っても企画会議を通らんな、と思ったらこの二年くらいのうちに出版界は直近半年~一年の売れ行きで(企画ではなく)作家を使うかどうか決めとるそうな。作家が本を出すのが、まるで銀行や生命保険会社から金借りるか、住宅ローンみたいになってきたな。

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1timetrain@hatena 2018/07/12 10:08
小説家になろうの完成は、一時のブームと引き替えに、出版というものの余寿命を使い果たした感がある
2rgfx@hatena 2018/07/12 10:43
「飯田橋周辺に手配師を待つ作家たちの木賃宿が溢れ出して、ドヤ街と化す」
3p_shirokuma@hatena 2018/07/12 11:01
こわいよー
4nisisinjuku@hatena 2018/07/12 11:05
出版だけでなくマーケティング重視、データ、エビデンス重視の世の中になれば当たり前の事。そこにはホームランやらジャパニーズドリームなんてものはない。量り売りの成功が当たり前に転がっているだけだ。
5cj3029412@hatena 2018/07/12 11:17
www その中から、いつかきっと、古典と正統が蘇るさ。(´;ω;`)
6kumatarou3rd@hatena 2018/07/12 11:28
小説家になろうってそう言うシステムそのものだよね。常に書き続けオークションにさらされるの。(笑)
7akanama@hatena 2018/07/12 11:28
気持ちはわかるけど、出版はもう何年も前から文化でなくて商売だから。「手配師が」とか、とっくにそういう世界でしょう。面白い企画を通したいなら、自分の金でやるしかない。幸いそういう環境は整ってる訳だから。
8mirakichi@hatena 2018/07/12 11:32
バクマン。で面白ければ漫画は連載されると繰り返し書かれていたが、そうでもなくなっているということか。
9Newa@hatena 2018/07/12 11:43
商品の価値を決める上では仕方のないことかと。
10momyami291@hatena 2018/07/12 11:56
最近ではなく10年前から同じ。勝間さんあたりに聞けば数字が出た後の出版社の群がり具合がよくわかるんじゃない?ホリエモンなんかは節操なくやるからありがたがる関係者多そう。
11gokkie@hatena 2018/07/12 12:05
「読者は馬鹿なんだから裸の女とバケモノとイケメン出して一行の文章短くしていつまでも終わらなければ売れるんだ」 架空戦記も「大和と山本五十六と零戦出てればそれでいいんだよ」 ワロタ
12togetter@hatena 2018/07/12 12:11
作品だけがみられる時代は終わったんだ…
13Gondwana@hatena 2018/07/12 12:12
「売れ行きで判断」なんてのはまだ妥当な方で、ツイッターでの作家の発言の党派性とか見始めてそう。言わないだけで。
14laislanopira@hatena 2018/07/12 12:16
編集や経営陣を人工知能にした方が、経歴ではなく企画だけで判断してもらえそう
15invalid_touhu@hatena 2018/07/12 12:31
音楽もそうだけど、こんなんで本当に面白い作品なんて生まれるわけないよな。良いもの探すのに邪魔だからこれ以上商業的な薄っぺらい作品出さないでほしい。
16japonium@hatena 2018/07/12 12:36
然んなの最近では無い。貴方が最近御祓箱に成っただけ。散々企画を通仕て貰い乍ら其のチャンスを生かせず売り上げに貢献出来無かったのだから。作家気取りで偉そうに不平不満不評を宣う暇が有るなら自分で出版仕ろ。
17rokasouti@hatena 2018/07/12 12:38
身も蓋もない
18jumbomonaka@hatena 2018/07/12 12:39
最近???
19Re-birth@hatena 2018/07/12 12:44
だからフォロワー買ったり、感想リツイートするのか、
20YukeSkywalker@hatena 2018/07/12 12:50
「大和とゼロ戦と五十六」嗚呼……
21gabill@hatena 2018/07/12 12:52
これって作家の立場が変わること以上に、編集者不要論・出版社一強多弱化を意味することなんじゃ。
22sato-gc@hatena 2018/07/12 12:56
そこでクラウドファンディングはいかがでしょう。小説のクラウドファンディングがどれくらい成り立つか興味ある。
23gui1@hatena 2018/07/12 13:00
ジャンプかよ(´・ω・`)
24masumizaru@hatena 2018/07/12 13:04
それたぶん売れないから切られただけだよ。送ったプロット速攻でシュレッダー行ってると思う。新人賞からやり直そう
25WhiteWillow@hatena 2018/07/12 13:29
音楽業界と似てる。将来性のない戦略は死期が早まるだけ
26ewiad420@hatena 2018/07/12 13:33
売れっ子作家「KDPのが利益いいし編集に口出されず好きに書ける」/ 出版社は作家の希望を聞いて取材協力したり、企画内容から「この人に書いてもらいたい!」とオファー出す方が長期的に生き残れそう
27kurara121@hatena 2018/07/12 13:40
文化そのものに対する人間の見方が孕む大きな問題。お金も無ければ時間も無い。自転車操業だから、目先の見込あるモノしか売れない。そもそも今まで商売として成り立っていたことが奇跡的なのしれない。
28gnt@hatena 2018/07/12 13:40
すでにライター寄せ場は出来とるがな。ランサーズって言うねんで。知っとるかおっちゃん。
29nakakzs@hatena 2018/07/12 13:42
それを焼畑農法、もしくは使い捨てという。
30aaaa_a4@hatena 2018/07/12 13:48
だんだんセルフパブリッシングが簡単になって出版の淘汰は加速してしくんだろうな
31kenken610@hatena 2018/07/12 13:56
これはこれで立派な「主語がでかい」カテゴリーの話だと思うけど。「ラノベなんてのはみんな○○で〜」って言われたら烈火の如く怒るじゃないですか。
32augsUK@hatena 2018/07/12 14:00
履歴書の経歴と資格みて判断を重視して、むしろ曖昧な語りを参考程度にするというのは時代の流れに乗ってると思う。若い人は履歴書をかっこよくするためならただでも働くし。クリエイティブかは知らない。
33poissonsoluble@hatena 2018/07/12 14:16
単に企画がつまらないという可能性
34i2i@hatena 2018/07/12 14:22
ライターもミュージシャンも、いつまでも業界大手にぶら下がらないと食べていけないっていう意識を変えて、金銭的にも精神的にも独立せえよって思うけどな。
35ncc1701@hatena 2018/07/12 14:24
仮想戦記で「大和と山本五十六と零戦出てればいいんだよ」って、大河ドラマの「信長と秀吉と家康さえ出てればいいんだよ」っぽい。
36norinorisan42@hatena 2018/07/12 14:37
コンテンツは何がヒットするのかわからない博打的要素はあるのでまともなマネジメントを取り入れると手堅いかも知れないが新しいものは産まれないつまらない産業になるとは思う/マネジメントが不必要ではないのだが
37REV@hatena 2018/07/12 14:44
良くも悪くも、さすおにの頃はなろうと距離を置いていた大手ラノベレーベルも、どんどんスカウト作品が登場し、随分浸透している。某社が開発に協力したカクヨムの未来や如何に
38bokmal@hatena 2018/07/12 14:45
最近の出版業界は困ったもんだナ https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/3758_27329.html
39politru@hatena 2018/07/12 14:54
関係ないけど、この間アサシンクリードoriginやったんよ。戦闘無しで、自由に古いエジプトの町を眺めてたんだけど、書物や文字盤見るとむっちゃ興奮するの。それくらい読み物が無かったなぁ。
40coinexchenge99@hatena 2018/07/12 15:08
そうなんだよな。フォロワー数が絶対
41nanatujima@hatena 2018/07/12 15:10
まぁ、きれいごとはやってられないくらい追い詰められてんだろう。
42sds-page@hatena 2018/07/12 15:17
出版社じゃなくて読者に人気作を選んでもらおう→なろう
43makou@hatena 2018/07/12 15:23
家畜かなんかか?
44nanoha3@hatena 2018/07/12 15:32
そこそこのヒットはその方式で出るけど、メチャクチャ売れる作品は出ないよ。同質化と異質作品のせめぎ合いがぐるぐるしてるだけ。
45soraboby@hatena 2018/07/12 15:32
漫画とか3巻ぐらい出てから購入決めるから、こういうのマジ困る。自分が好きになるマニアックなキャラや展開はだいたい3巻ぐらいにならないと出てこないんだよ…
46zettaimuri@hatena 2018/07/12 15:41
なろうに負けてるからね売り上げで普通になろうみたいなwebで書きなよ今後作家を続けたいならさ
47napsucks@hatena 2018/07/12 15:48
笑えるけど笑えない
48hiroomi@hatena 2018/07/12 15:54
”作家はコンテンツ作成ソフトじゃないのにね。”こんな視座が浮かぶと、改めて目的をリセットして頂かないと。
49o-0-0-o@hatena 2018/07/12 15:57
パトロン探してセルフブランディングに必死ですよね
50raf00@hatena 2018/07/12 15:59
出版社がこういう状況で、「書店が危ない、セレクトショップ化だ」って書店が動けるだろうか。否。
51inatax@hatena 2018/07/12 16:08
「企画内容で判断しない」が途中から「前例で作品評価する」になってるの謎。前例に沿ってるかどうかはまさに企画内容見ての判断じゃん
52roadbikehobbit@hatena 2018/07/12 16:12
「直近1年程度の類書の売れ行きしか見ません。」実用書・専門書はわかる。ユニークな本は手間と金がかかるし前例もない(売れ行きが読めない)から、そら大半の出版社は2匹目のドジョウ狙いで小銭稼ぐよねってなる。
53ko_kanagawa@hatena 2018/07/12 16:30
新人育てる機能オミットしてりゃそらあそのうちなんかにサクッと取って代わられるだろうよと思った
54maturi@hatena 2018/07/12 16:33
宮崎駿 「トトロみたいなのをまた作れば、って言われるけど、トトロはもうあるから」
55atoh@hatena 2018/07/12 16:37
出版社側も体力ないんだろうな。じゃ、どうすりゃいいんですかねぇ。(他人事なので深くは考えない)
56houjiT@hatena 2018/07/12 16:47
「出版社に卸す意味ないね」と言ったかて、電書やなろう界隈はこれの最先端で出版社を振り切っても逃げ場があるわけじゃない。同人や手弁当した所でストアの気まぐれなピックアップがない限り即死確定だし
57Balmaufula@hatena 2018/07/12 16:52
最近(昔から)
58hylom@hatena 2018/07/12 16:58
出版社が出版にOK出したらお墨付きが付いたと見て「やっぱり辞めるわ」といって電子版を自費出版するとかどうでしょう
59mae-9@hatena 2018/07/12 17:09
営業部門の目線が日に日に強まっている感はある。
60gamecome@hatena 2018/07/12 17:20
出版社の体力が減り、個人でも宣伝さえ上手くいったら出版の規模に匹敵できるように…なのかな。という事はちょっとしたメディアを持って、直の広告を受ければ割と儲かる?
61shira0211tama@hatena 2018/07/12 17:27
文字出版の話か。それなら最近の話じゃなく極短く見積もっても5年以上前から既に。漫画ですらその傾向。ちなみにSNSは確率でそこそこの数字を大きい数字に膨らます力はあるけど元々あんまない数字を作る力はないよ。
62Cunliffe@hatena 2018/07/12 17:29
佐藤大輔が、「作家はパソコンパーツで言えばCPU」って書いてたのを思いだし。それにしても、本文コメ欄全て地獄感溢れるまとめだわ。
63neko2bo@hatena 2018/07/12 17:31
出版に限らず、あらゆるコンテンツビジネスは金融商品のやり取りと同様のモデルになっていると思います。創作行為を経済循環の中に組み込む以上は必然的な事かと思います。
64smihon@hatena 2018/07/12 17:45
作家の多くもそれに乗っかってるからなぁ
65nagaichi@hatena 2018/07/12 18:33
書きたい作家は多いけど、読みたい読者は限られている供給過剰の市場問題もある気がす。
66sukekyo@hatena 2018/07/12 18:34
“ゲゲゲの女房がソースだけど、貸本マンガはほんとにそんな感じだった?時代は繰り返すのか”→あああ。この時代は知らないけどそうかもしれないね。あのころは週刊少年誌という黒船があったけど今回はなんかあるの
67geopolitics@hatena 2018/07/12 18:42
音楽も新人育成を放棄して古い名前重視。要するにおっさんおばさん向け(バブルから崩壊までの20世紀)の名前になっている気がする。
68kamezo@hatena 2018/07/12 19:18
文芸書とかラノベの現場は知らないけれど、90年代に取次による売上DBが出てきてから、一般書でも過去の類書実績や書き手監修者の売り上げはそこそこ重視されていたので、多分そこは今後も変わらない。
69pikopikopan@hatena 2018/07/12 19:22
ツイッターでバズればボツ原稿もワンチャンあるとかってあれかと思って開いたら、違ったね・・。
70soyokazeZZ@hatena 2018/07/12 19:43
最近?10年以上前から数字は見るし、新規企画に関しては編集者の情熱(プレゼン)や根回しも重要だったり
71kokoro__chan@hatena 2018/07/12 20:14
データ分析は人を幸せにしたのだろうか。。。
72fromdusktildawn@hatena 2018/07/12 20:25
Alpha Goが、今までにない囲碁の手を見つけたように、AIに企画を審査させた方が、今までにないヒット作を発掘できたりしないのかな。
73mr_yamada@hatena 2018/07/12 20:29
「売れる作家はアマゾンでKDPでウハウハ。出版社不要!」と「出版社は売れない作家が育つまで面倒見ろ!」という2つの意見がある中で、出版社はどこで儲ければいいんですかね?
74rck10@hatena 2018/07/12 20:36
そもそも芸術家のパトロン達は教養的な見栄がメインで売上は二の次だった。根本的に文化活動と工業化は絶望的に相性が悪い。
75tigercaffe@hatena 2018/07/12 20:36
割とまじめに同人界隈も丸ごと抱えて出版界隈は再編する時代に入ったね。作家さんや漫画家さんも舵取りを誤ると実力関係なく沈没する可能性が出てきた。まさに貸本から月刊マンガに移行した頃と似てるのでは?
76yosiro@hatena 2018/07/12 20:40
映画も音楽も、なんでもそうだよね。続編と有名作家と話題の人ばかりの世界。おれはもっと「こんなん俺以外誰が見るんだよ!」ってものが見たいのに。
77santo@hatena 2018/07/12 21:02
データ主義と思考放棄は紙一重。
78kote2kote2@hatena 2018/07/12 21:06
これ見ると偽フォロワー市場ができるのがよくわかる
79peter-pan@hatena 2018/07/12 21:09
こういう議論ってゼロイチで考えられがちだけど、分配して投資するって考え方が少ないのがいつも不思議
80teebeetee@hatena 2018/07/12 21:15
人気作の続編が求められるのは、ロビンソン・クルーソーの頃からなので……。
81hidamari1993@hatena 2018/07/12 21:28
低迷してたものが後に爆発的に売れたものって何があるかなあ。ぱっと思いつくのが遊戯王くらい。
82cl-gaku@hatena 2018/07/12 21:40
編集職はなくなるな
83yoshi-na@hatena 2018/07/12 21:44
編集者無くして、エージェントの時代くる?
84Fubar@hatena 2018/07/12 21:44
はてな民の反応から、編集者不要論が真実味を帯びてしまうの悲しいんだよな。作家がコンテンツ製造機なら、それに寄生するゴミを排除してほしいんだよな。作家に必要なのは販路と大規模印刷だけなので……
85hiroharu-minami@hatena 2018/07/12 22:04
ディープラーニングとかで売れ線を機械学習させて、それに通らないと企画通りません、みたいな出版社も出るかなw
86differential@hatena 2018/07/12 22:06
ずっと昔からそうじゃね?
87hinbass@hatena 2018/07/12 22:08
コンテンツの売れ行きなんて予測できないから帰納的なアプローチを取る、というのもある意味正しい。作家は一回ヒットを出せば次は好きなもん書けるしな
88otihateten3510@hatena 2018/07/12 22:18
どこでもそうじゃね? 皆仕事でやってんだぜ
89ikumisawakuchi@hatena 2018/07/12 22:36
なんか悲しいねぇ、「面白いのかどうか」より「稼げるかどうか」が重視されてしまうの、まぁしょうがないだろうけど
90tanaka3@hatena 2018/07/12 22:42
こんなん昔からだよ
91tick2tack@hatena 2018/07/12 23:22
コンテンツ制作者は多いためコンテンツ流通の参入コストが下がるとこういう感じになるんだろうな。/ 各社の扱うコンテンツが増えると、各社の比較が行いやすくなる。値札がぶら下がってるのは出版社も同じ
92y-wood@hatena 2018/07/12 23:24
僕は作家読みをするので好きな作家の作品はとりあえず買うから理解はできる。一方でベストセラー作家だから手を出すとは限らない、東野・佐伯とか読まない。
93munioka303@hatena 2018/07/12 23:37
アンケート結果に基づく曲作りしかしなくなってすでに滅びた音楽業界と同じ道
94ertedsfdsddty@hatena 2018/07/13 00:37
要は「読みたい人」と「書く人」をどうやってつなぐのが最適かって話で、そこのマッチングの作業は、人間より機械のほうが向いてる気がする。だいたいそういう経路って短絡化の方向に進化してくような。
95bobcoffee@hatena 2018/07/13 04:14
マーケティングを重視するのは商業作品である以上当たり前だけど売れ行きが見込めるなら自分で創作支援サイト使ってマネタイズした方がいいよね。ますます出版社がいらなくなる。
96lady_joker@hatena 2018/07/13 05:54
出版は縦割りなのでラノベと漫画と純文学では全然作法が違う。業界丸ごとでくくれる話じゃないし、まとめを見るとほとんど素人が憶測で話してるだけやん
97air7743@hatena 2018/07/13 06:50
つまり編集が仕事をしていないということですね わかります /出版社の存在価値ないね
98kumpote@hatena 2018/07/13 07:22
やはり文化はコミケで守るしかない
99miyakeyuki@hatena 2018/07/13 10:38
新人に厳しいといえるのでしょうね
100filinion@hatena 2018/07/13 19:57
「有名な作家に作品を依頼する」なんて昔からあったわけで、「直近の売れ行きで」云々はそんなおかしなことではないような…。出版社が広報費をケチり、作家本人のSNSに丸投げするようになったのが変化なのでは。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-12 02:47:02:1531331222:1531902167
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応