LSDやマジックマッシュルームはうつ病患者のダメージを受けた脳を治す - GIGAZINE

by Ryan Haran LSD や MDMA といった薬物に機能の退化した脳細胞同士を再接続させる効果があることが、新たな研究で示されました。このような作用はうつ病治療の臨床試験で使用されている ケタミン と同じものであるとのことです。 Psychedelics Promote Structural and Functional Neural Plasticity: Cell Reports ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1tanakh@hatena 2018/06/13 22:18
“LSDやMDMAに含まれるアンフェタミンについて、実験が行われています。”LSDにアンフェタミン…?(´・_・`)
2Seiji-Amasawa@hatena 2018/06/16 10:45
「しかし一方で、乱用の可能性や他の精神病を引き起こすリスクなどについての検討の必要性が指摘されています」
3quick_past@hatena 2018/06/17 14:47
TMSみたいに血流の問題だって言うよりかはまだ理解できるけど、信じがたい。ダメージを受けた部分は不可逆だと思うんだけど、何を持って「治す」としてるんだろうか。変容した意識で短期的に隠されてる可能性は。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-13 13:59:01:1528865941:1534626527
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応