現代マクロ経済学はどこで道を間違えたか - himaginaryの日記

「Where Modern Macroeconomics Went Wrong」というNBER論文をスティグリッツが 上げている ( ungated版 )。 以下はその要旨。 This paper provides a critique of the DSGE models that have come to dominate macroeconomics during the past quar...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1maturi@hatena 2017/09/14 06:30:53
代表的個人に依存していたことは、変動や危機における分配の役割や、変動が格差にもたらす影響を分析するのには向いていないことを意味していた。
2ookitasaburou@hatena 2017/09/14 07:13:23
本稿は、過去四半世紀の間にマクロ経済学を支配するようになったDSGEモデルへの批判を提供する。失敗の本質は、情報経済学や行動経済学における洞察を取り入れないなど、経済的行動の重要な側面を取り込み損ねた誤っ
3mcgomez@hatena 2017/09/14 07:47:20
"失敗の本質は、情報経済学や行動経済学における洞察を取り入れないなど、経済的行動の重要な側面を取り込み損ねた誤ったミクロ的基礎付けにあった"
4gruza03@hatena 2017/09/19 07:45:52
失敗の本質は、情報経済学や行動経済学における洞察を取り入れないなど、経済的行動の重要な側面を取り込み損ねた誤ったミクロ的基礎付けにあった
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-13 23:00:02:1505311202:1510983287
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応