八景島シーパラダイスで深海生物大量死 機械故障し水温上昇 譲渡元「希少性高く残念」(1/2ページ) - 産経ニュース

横浜市金沢区の海洋レジャー施設「横浜・八景島シーパラダイス」で、外部の研究機関から譲渡された深海生物約90匹が全滅していたことが、関係者への取材で明らかになった。水槽内の水温上昇が原因という。  譲渡したのは、深海などの観測を行っている国立研究開発法人「海洋研究開発機構」(JAMSTEC)の旧研究室。研究室の閉鎖に伴い、3月中旬にカサゴ目の海水魚「ヤマトコブシカジカ」や新種のイソギンチャクなど計約...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1facebooook@hatena 2017/09/14 10:01:40
譲渡の約3カ月後90匹全滅、廃棄。
2You-me@hatena 2017/09/14 13:21:06
Oh……
3natroun@hatena 2017/09/15 01:58:45
普通にニュースになってた。“飼育水温は1〜4度が理想。限界温度は約10度とされる。” のくだり知的満足度が高い。直接事件に関係なくてもこういうこと知れるとうれしい。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-14 04:05:02:1505329502:1506399719
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応