失敗しないランディングページの発注方法~クラウドワークス・ランサーズでの プロとニセプロの見分け方~ | 毎日プログラミング

いつもありがとうございます。林です。 今日は、失敗しないランディングページの発注方法~クラウドワークス・ランサーズでのプロとニセプロの見分け方~と題しまして、いままランディングページを多く、クラウドワークスを経由して実装してもらったじゅくちょうが、いままで飲まされた煮え湯のことを思い出しながら書い...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1comeaslimis@hatena 2018/08/11 11:46
クラウドワークスやランサーズで仕事を頼む時に悪質なクラウドワーカーにだまされないための方法を書きました。(基本的には頼む側も努力する必要があるという話です。)
2gmail11291005@hatena 2018/08/11 11:47
これ、おれもなって本当にこまった。
3para609@hatena 2018/08/11 12:11
クラウドワークスとかでいい仕事ができる人はもうとっくにそこを抜け出しているというジレンマ
4pikari323@hatena 2018/08/11 12:31
クラウドワークス、ランサーズはクライアント側の方が悪質だと思っていていました。。(自分も簡単な検索や文字おこしくらいしかしたことがありませんが)
5arxx@hatena 2018/08/11 15:37
ランサーズ、クラウドワークスは魔境ということを知った。発注する側は特に注意を払わなければならないんだなあ
6sud373@hatena 2018/08/11 16:40
デザインって難しいんだなぁ
7KazuoLv1@hatena 2018/08/11 17:16
もうクラウドサービス使わないほうが良いのでは
8lastofus0713@hatena 2018/08/11 17:22
1ページ10万円か...結構なコストだな
9yaruonomadon@hatena 2018/08/11 18:53
すげえ、勉強になった。ここまでかいてくれるサイトはなかなかない
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-11 03:30:02:1533925802:1534410916
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応