西欧のファイアサラマンダー、真菌感染で絶滅の危機 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

欧州で激減しているファイアサラマンダー(撮影日不明、2013年9月2日提供)。(c)AFP/IMPERIAL COLLEGE LONDON/FRANK PASMANS 【4月21日 AFP】欧州に生息する両生類で、以前より種の存続が危ぶまれていたサラマンダーが、新たな病原性真菌によって個体群消滅の危機に追い込まれているとの新たな研究結果が発表された。この菌は、広範な生物多様性を脅かしているという。...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1agrisearch@hatena 2017/04/21 12:05:24
「学名を略して「ブサル(Bsal)」と呼ばれるこの真菌「イモリツボカビ(学名 Batrachochytrium salamandrivorans)」が欧州大陸で最初に現れたのは2010年だった」
2kamei_rio@hatena 2017/04/22 08:33:25
"学名を略して「ブサル(Bsal)」と呼ばれるこの真菌「イモリツボカビ(学名 Batrachochytrium salamandrivorans)」"
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-04-21 04:38:01:1492717081:1493554762
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応