ネコは自ら家畜化した、遺伝子ほぼ不変、最新研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

古代のネコの遺伝子を分析したところ、ぶち模様のネコは中世になるまでは存在しなかったことがわかった。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK) イエネコ(家畜化したネコ)の拡散に関する研究の一環として行われたDNA分析から、ネコは人間が家畜化したのではなく、自ら人と暮らす道を選んでい...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1UDONCHAN@hatena 2018/08/10 07:04
にゃお
2cyber_bob@hatena 2018/08/10 07:26
そうなるとだな、むしろ猫が人間を可愛がるよう進化させたのかもな。
3cham_a@hatena 2018/08/10 08:32
「ネコはありのままで完璧だったのです」腎臓だけはどうにかしてほしいもの
4nfuruta@hatena 2018/08/10 08:55
ほんとに意外ですね
5sds-page@hatena 2018/08/10 09:31
猫星人がサルを猫の都合のいいように遺伝子操作して生まれたのが人類
6morita_non@hatena 2018/08/10 09:38
猫はありのままで完璧だったのです。人間の猫にひざまずく遺伝子がきっとあるに違いない。
7renos@hatena 2018/08/10 18:39
そして人は下僕になった
8allezvous@hatena 2018/08/11 09:13
お猫様は共生してるだけという意識だろうから家畜呼ばわりには若干違和感がある
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-09 15:05:01:1533794701:1534598776
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応