治療費を踏み倒し平気で母国にトンズラする「トンでも観光客」の実態(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

「カネがないから治療費は払えない」と開き直る外国人観光客が後を絶たない。未払いのまま帰国されれば、病院はお手上げだ。その未払い金が、我々の「税金」で補填されていることをご存じか。 「国に帰ったら払う」はウソ 近年、日本を訪れる外国人数は著しい増加傾向にある。日本政府観光局のデータによれば、'17年の訪日外国人は約2900万人で、過去最高を更新。増え続ける外国人観光客たち――。彼らは爆買いなどの「イ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1shufuo@hatena 2018/06/13 13:18
制度に穴がある事がわかっているのだから塞げばいい。それだけのこと。トンズラだのトンでもなどという侮蔑的な言葉を使うべきではない。
2www6@hatena 2018/06/13 13:50
「869件中の133件ですから、数で言うと6分の1ですが、金額にすると1600万円ぐらいが外国人によるものだそうです。ほぼ半分が外国人の未払い」つまり6分の5はトンでも日本人ってことかいな。
3giyo381@hatena 2018/06/13 14:46
海外医療機関はカードなしや支払い能力確認不可は受け入れないんだからそれに倣っていけよ。
4semimaru@hatena 2018/06/15 09:34
カード払いにしよう。
5sarutoru@hatena 2018/06/21 01:51
>IDを入国管理局と共有して、出国の際などに未払いを追及するような仕組みを、国と都で連携して考えていかないと
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-13 07:27:01:1528842421:1534313658
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応