土星の環ができたのは意外と「最近」だった? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

2009年8月、春分や秋分のように土星のちょうど半分が太陽に照らされる姿(昼夜平分)をカッシーニは初めて目撃した。太陽は土星の赤道の真上に来ている。(PHOTOGRAPH BY NASA, JPL, CASSINI) 太陽系のなかでもとりわけ目を引く土星の環。だがその美しいリングは、土星が誕生した当時から存在していたわけではなかった。 NASAが発表した最新の分析によると、環はこれまで考えられてき...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1norixto@hatena 2018/01/12 16:27
輪が川の流れのように流動的だったってほうが驚いたけどな 静的なものだと思ってたわ
2taron@hatena 2018/01/12 20:36
外宇宙からの塵の供給を見ると、土星の輪はそれほど汚れてない。あと、質量の問題は理屈が分からない。/しかし、2億年ほど前に形成されたと言うモデルも、問題を抱えている。決着はまだ先、と。
3waman@hatena 2018/01/13 15:05
『土星探査機カッシーニが収集した画像を分析し、環が形成されたのはわずか1億~2億年前であるという計算結果を導き出した。地球上で哺乳類が繁栄する前の時代だ』
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-01-12 12:20:01:1515727201:1529456179
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応