インテル製品に新たな脆弱性発見、フィンランドのセキュリティー企業 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

半導体大手インテル製プロセッサ(2018年1月5日撮影)。(c)AFP PHOTO / Thomas SAMSON 【1月13日 AFP】米インテル( Intel )製のハードウエアに企業向けノートパソコンの遠隔操作を可能とする新たな脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。フィンランドのサイバーセキュリティー対策の専門企業Fセキュア( F-Secure )が12日、明らかにした。 Fセキュアの声明による...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1typex2@hatena 2018/01/13 17:31
“インテル・アクティブ・マネジメント・テクノロジー(AMT)に関するもの”
2kaos2009@hatena 2018/01/13 20:31
[世界中の数百万台のノートパソコンに影響を及ぼす恐れ」 意外と少ないと思った
3quick_past@hatena 2018/01/13 23:51
うげえ(;´Д`)https://goo.gl/U4z6sX https://goo.gl/abjhG9 ノーパソだけの問題じゃないんじゃないのこれ https://goo.gl/Y6bVUV https://goo.gl/hrceKH
4tanakh@hatena 2018/01/14 00:11
(´・_・`)
5mkusunok@hatena 2018/01/14 00:15
物理的アクセスが必要であれば深刻な脆弱性とは言い難いけど、AMT周りはUEFI同様なかなかアップデートされにくいので対策は進まないだろうな
6yamadar@hatena 2018/01/14 00:50
ホテルなどのパソコンは全部ヤバイって事だな。元から使わないけど。
7sotokichi@hatena 2018/01/14 11:37
“「大半の企業向けノートパソコンに一般的に搭載されている」機能、インテル・アクティブ・マネジメント・テクノロジー(AMT)に関するもので、「攻撃者があっという間にユーザーの機器を乗っ取ることが可能」”
8csal8040@hatena 2018/01/15 07:13
攻撃者はまず、当該のノートパソコンに物理的にアクセスする必要がある。しかしいったん攻撃者にAMTを再設定されてしまうと、「(暗号やユーザー管理システムなどの)抜け穴」を設置されたのも同然となり、遠隔操作…
9asuka0801@hatena 2018/01/15 08:43
今回はサーバの再起動祭りは発生しない模様
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-01-13 08:27:00:1515799620:1532067511
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応