広島4ボールから凡退の珍事、中日は気づいていた - プロ野球 : 日刊スポーツ

3回裏の広島攻撃中にカウント間違いの珍プレーが起きた。 1死走者なしで打席に立ったのは鈴木誠也外野手(23)。中日笠原の投球は(1)ファウル(2)見逃しストライク(3)ボール(4)ボール(5)ファウル(6)ファウル(7)ボールと進んだ。この時点でカウントは3ボール2ストライク。続く8球目のインコー...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1goldhead@hatena 2018/08/10 11:04
次の打席で鈴木誠也が球審になんか声かけてたな。
2kash06@hatena 2018/08/10 14:25
なお試合は(ちなD
3shijuushi@hatena 2018/08/10 15:10
松井雅はマレーロのホーム踏み忘れの時もアピールの仕方知らなくて審判に聞いてただろ…… 「分かっていたんですが、何もなかったので」で済ませてちゃダメだよ。
4lmzb@hatena 2018/08/10 15:42
+。* ウソです +* * >”「分かっていたんですが、何もなかったので、ボクが間違ったのかな、と思ってました」”
5Kil@hatena 2018/08/10 16:06
審判的には、広島勝ってくれてよかったと絶対思ってるやつ。
6nekojarashi2@hatena 2018/08/10 20:29
バッターは気づいてそうなもんだが、打てると思ってたんかな
7o8i8s8k8a@hatena 2018/08/11 09:24
審判、ダメだろ!
8dusttrail@hatena 2018/08/11 15:58
守備側が気づいてたって言うわけないじゃん。なんで松井雅が悪いみたいな批判があるの?不思議。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-10 04:30:02:1533843002:1534598805
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応