科学技術「基盤的な力、急激に弱まる」 論文数減少、主要国で日本のみ 白書を閣議決定:朝日新聞デジタル

政府は12日、科学技術について日本の基盤的な力が急激に弱まってきているとする、2018年版の科学技術白書を閣議決定した。引用数が多く影響力の大きい学術論文数の減少などを指摘している。 白書によると、日本の研究者による論文数は、04年の6万8千本をピークに減り、15年は6万2千本になった。主要国で…

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1nabeteru1Q78@hatena 2018/06/13 13:38
この間、大学の教員をさんざんしばき倒し、正規を非正規に置き換え、予算を削減してきたわけで、当たり前だ。今、この国は学術の何たるかの分からない馬鹿者によって統治されている。
2You-me@hatena 2018/06/13 13:44
科学技術白書は文科省の担当か/ざっと見た感じ国が予算を増やしてあげるべきとは言えなかったみたいで弱い(国じゃない財源頼ってとか書いてるの)
3zyugem@hatena 2018/06/13 14:18
負けに不思議の負けなし。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-13 05:11:01:1528834261:1529264287
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応