音の錯覚。映画の演出に用いられるシェパードトーン(無限音階)とは? : カラパイア

無限音階(シェパードトーン)。聞きなれない言葉だが、それ自体はきっと聴いたことがあるはずだ。これは無限に音が上昇(あるいは下降)するように聞こえる音の錯覚だ。 無限音階は、音の上下をオクターブ離れた音程で挟まれた複数の正弦波で構成される。高音程、中音程、低音程の音はどんどん高くなり、最後まで流れると、また最初に戻るというループ状の構造をしている。 音の最後に近づくと、高音の音量は下がり、中音の音量...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1dokuhunt@hatena 2017/10/12 19:06:44
ウルトライブ!シェパードン!
2akinobu-music@hatena 2017/10/13 15:28:55
from Pocket Tag:00_now  無限音階(シェパードトーン)。聞きなれない言葉だが、それ自体はきっと聴いたことがあるはずだ。これは無限に音が上昇(あるいは下降)するように聞こえる音の錯覚だ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-10-12 10:33:01:1507771981:1508663476
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応