第1回:西部邁の死と「工学化」する保守 - 平成30年論 | ジセダイ

「平成」の最後の一年を記録しておくエッセイを考えていた矢先、西部邁が自死した。去年、ぼくのほうが論壇を遠く離れて久しいが、彼の主宰する雑誌の座談会に突然呼ばれ、久しぶりに少しだけ話した。「こんな身体になってしまった」と手袋をはめた手を差し出す姿は弱々しかったが、それでも座談会では冗舌だった。「近代」というものをどこまでも懐疑する西部と、「近代」を断念するべきではないと考えるぼくの立場は一致するはず...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1facebooook@hatena 2018/02/14 13:29
大塚英志
2miruna@hatena 2018/02/14 15:37
サイバーパンクだ
3goldhead@hatena 2018/02/14 16:41
"「工学化」という「合理」に対抗し得るのは、どこまで人や世界を工学的に再構築し、そして数式化しても、しかし、そこには必ず「残余」がある、ということを信じることである"
4cj3029412@hatena 2018/02/14 17:03
(大塚英志)さすがやねw 「『左派』は案外とタフネスで、吉本など、江藤の死後、ぼくと対談した時でさえ、もうまともに歩けなかったが、あそこが痛い、ここが悪いと嬉々として口にしながら随分、長生きをした」
5yoko-hirom@hatena 2018/02/14 20:39
読み応えある/近代文明をぶっ壊して中世に戻ろうとするネトウヨ自称保守を革新と呼ぶのは如何なものか。連中はその呼び方で勘違いしているのでは。
6bros_tama@hatena 2018/02/14 22:09
今や世界は近代化された国ばかりでかつ複雑に利害が対立して一歩間違えば弱者に一気にしわ寄せがいくというような世界と見ている私は,合理的に工学的なマネジメント賛成である.それは社会的ダーウィニズムではない
7ushi2@hatena 2018/02/14 22:48
"「近代」とはつきつめれば「社会ダーウィニズム」"
8takehiko-arakawa1204@hatena 2018/02/14 23:59
別アカのフォローさんがブクマしていたのがはてブのお気に入りを紹介するメールで回ってきて、長文ながらも一気に読んだ。さすが大塚英志というしかない文章。
9yingze@hatena 2018/02/15 03:26
かしこかしこ
10tukinoha@hatena 2018/02/15 15:43
「近代化」を嫌悪しながら戦時下の「近代化」(近衛新体制・総力戦体制)をスルーし、戦後の「近代化」にすべての罪を負わせるのはいかがなものか、との由。まことにごもっとも。
11shinichiroinaba@hatena 2018/02/15 18:38
大塚英志
12sbedit1234@hatena 2018/02/15 18:58
疎外論懐かしい…”帝国主義もグローバリゼーションも「優勝劣敗」の社会ダーウィニズムである” グローバリゼーションもなのかw。グローバリゼーションは単なる現象・事実で、主義(イズム)ではないが…。
13REV@hatena 2018/02/15 20:03
この記事に、Facebookの「いいね!」ボタン、Twitterの「ツイート」ボタンが付いているところが、優勝劣敗の社会ダーウィニズムで帝国主義のグローバリゼーションが伺える。B!ボタンが僅かな良心 ←たぶん違う
14kagehiens@hatena 2018/04/03 06:01
たしかに読み応えある。"軍靴の響く時代などと形容するより、「革新」と「復古」に心奪われたポピュリズムの時代、と形容した方がはるかにリアルなのである"…。
15tick2tack@hatena 2018/04/11 20:41
“西部と今時の「保守」らしきものとの乖離について”/ ”『保守の真髄』の基調にあるのは文明の「工学化」への危惧ないしは嫌悪のような「感情」”
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 07:32:02:1518561122:1534621455
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応