『はじめての沖縄』刊行記念:岸政彦さん×温又柔さんトークショー 「境界線を抱いて」その1 | ブクログ通信

こんにちは、ブクログ通信です。 岸政彦さんの著作、『はじめての沖縄』(新曜社)が5月5日に発売されました。重版がたびたびかかる人気の本となっています。 岸政彦さん『はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)』 ブクログでレビューを見る この本の発売を記念して、岸政彦さん、温又柔さんによる、『はじめての沖縄』(「...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1tetzl@hatena 2018/07/12 23:52
わちゃわちゃしてたのが綺麗にまとまってる、すごい。そしてここで後編に続くということは、後編はあの沖縄の民宿の女の子エピソードからはじまるのだな…w
2gcyn@hatena 2018/07/15 04:29
『言語って、ことばって、すごくパーソナルで、自分自身』『言語って、マクロな歴史や社会構造が個人の中に入ってくるときの回路』
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-12 16:44:02:1531381442:1531901247
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応