内科開業医のお勉強日記: 人工甘味料:卒中・認知症リスク増加の可能性

Framingham Heart Study Offspring cohortの検証 サッカリン、アセスルファムK 、アスパルテーム、ネオテーム、スクラロースなど非栄養価甘味料が代表的。ステビアは2008年FDA認可。微量で甘みを形成する人工物。 有害性機序の解説論文中に見いだせないが・・・ Sugar- and Artificially Sweetened Beverages and the R...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1hiromasai@hatena 2017/04/21 18:17:56
Framingham Heart Study Offspring cohortの検証 サッカリン、アセスルファムK 、アスパルテーム、ネオテーム、スクラロースなど非栄養価甘味料が代表的。ステビアは2008年FDA認可。微量で甘みを形成する人工物。 有害性機序の解説論
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-04-21 12:20:02:1492744802:1503219287
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応