『ドリーム』 ルーティン化する差別に抗うために|およそ120分の祝祭 最新映画レビュー|伊藤聡|cakes(ケイクス)

3人の黒人女性がNASAでぶつかる巨大な差別の壁。当時の社会背景を描きながら、理不尽とぶつかり、格闘していく彼女たちの物語。そこから見えてくるものを、伊藤聡さんが読み解きます。 2017年度のアカデミー賞で、作品賞、脚色賞、助演女優賞の3部門にノミネートされた話題作が『ドリーム』である。舞台は1960年代初頭のアメリカ。NASAに勤務する3人の黒人女性が主人公だ。数学、エンジニアなど専門分野は異な...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1natukusa@hatena 2017/10/12 16:16:44
“ルーティン化する差別に抗うために ” とてもいい言葉。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-10-12 10:41:01:1507772461:1508676751
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応