廃墟となったリゾート、写真で比べる昔と今14点 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

今は廃墟となったホモワック・ロッジのボウリング場。(Photograph by Pablo Iglesias Maurer) ポコノ山地とキャッツキル山地は、米国東海岸に暮らす人々にとって、華やかな1950年代を象徴する絵に描いたようなリゾート地だった。 ところが今やかつてのにぎやかさは消え、人はほとんど足を踏み入れることがない。ゴミの山が築かれ、草木が手入れされないまま至るところに生い茂り、もは...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1gurinekosan@hatena 2017/09/14 14:00:03
「当時の印刷物を探してみようと思いつき、オンラインオークションや近くのアンティークショップで古い絵葉書を手に入れました」過去は撮影できないからな。
2REV@hatena 2017/09/14 14:57:26
♪合縁奇縁 一期一会 袖すり合うも他生の縁~ って脳内で流れる
3multiplex00@hatena 2017/09/14 19:07:08
プールはプリチャピのかと思ったけど、あそこって最盛期の写真残ってるのかしら
4taron@hatena 2017/09/15 10:37:33
日本でも、こういうのたくさんありそう。まあ、日本だと、あっという間に藪に沈むかな。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-14 06:21:01:1505337661:1506348255
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応