大学時代に何を学ぶべきか - Willyの脳内日記

若い時に何を勉強すべきかは言うまでもなくとても大事だ。しかし、この動きの速い時代に何を勉強すれば良いのかを考えるのはとても難しくなっている。最近、そのことを改めて考えさせられることがあったので少し書いてみたい。 3ヶ月ほど前に、医学関係の研究部門でスタッフとして働いている修士課程の社会人院生2人から「夏に1〜2単位のセミナーコースを開講して欲しい」との相談を受け、3人で相談した結果、混合効果モデル...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1takahikonojima@hatena 2017/07/17 14:12:49
『フルタイムで働き始めた後も知識が陳腐化しないよう継続的に応用技術を学んでいく必要がある(これは現在の日本人が弱いポイントだ)』←「弱い」んじゃなくて「やらない」.だから差別化する狙い目はココ.
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 11:14:01:1500257641:1511049545
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応