介護ロボ 起動前夜 関西企業、実用化探る  :日本経済新聞

関西で介護ロボットの実用化に向けた試みが活発になってきた。京都のスタートアップ企業は高齢者のコミュニケーションを支援する遠隔対話ロボを介護事業者向けに本格販売する。神戸では筋力低下の測定などに活用する動きが広がる。医療やIT(情報技術)産業が集積する関西の強みを生かせば、高齢者の自立支援や介護者の負担軽減に一役買いそうだ。 ■京都のテレノイド計画、認知症高齢者と遠隔対話  テレノイド計画(京都府精...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1sca_fukushi-entry@hatena 2017/09/13 18:17:03
#フクシ・エントリ “医療やIT(情報技術)産業が集積する関西の強みを生かせば、高齢者の自立支援や介護者の負担軽減に一役買いそう”
2sds-page@hatena 2017/09/14 16:24:01
「人の手によるぬくもりあるサービスを理念」としてても実際に起きるのは介護虐待なんだよなぁ・・・
3asanoyoshik@hatena 2017/09/14 16:59:19
これ、怖いと思うのは私だけ?
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-14 04:05:02:1505329502:1505790521
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応