スピッツがミスチルに負けた3つの敗因を考えてみた - きゃすのキラキラブログ

2017 - 07 - 16 スピッツがミスチルに負けた3つの敗因を考えてみた 音楽 スポンサーリンク 和洋折衷バイキングのミスチルに敗れた寿司職人スピッツ ミスチルとスピッツ、デビュー時期も、デビュー当時の作風も似通っていて、ともに日本を代表するバンドです。音楽性は好みもあるので優劣はつけれないのは承知の上で、商業的勝者を選ぶとするならば、10人中10人がミスチルと認めるはず。 何故スピッツは(...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1Cass_9999@hatena 2017/07/16 19:28:54
スピッツがミスチルに(音楽的にではなく)商業的になぜ負けたのかって話。
2ahomakotom@hatena 2017/07/16 21:46:55
どっちも音楽業としては勝者だし、両者は争ってすらいない。
3yuasayo1013@hatena 2017/07/16 22:07:55
個人的なイメージですが、「ミスチルは音楽を作ろうとしていて、スピッツはバンドをしようとしている」って感じですかね。数字の優劣はあるでしょうが勝ち負けはよくわからんです…。
4mi_ki_ri@hatena 2017/07/17 02:54:08
レミオロメンはスピッツにコバタケを合わせたようなもの(乱暴)だけど商業的にスピッツミスチルには及ばなかった。時代的なものも大きいと思われ本人たちの特徴のみの考察では片手落ちかと
5waga186@hatena 2017/07/17 03:13:19
両方とも今聴いても切なくなる。あまり勝ち負けは考えたことなかった。私にしてみたらどっちも勝ちです。
6hayabusa8824@hatena 2017/07/17 06:05:25
本人たちは全く争ってないんだよなぁ
7fuga_maito@hatena 2017/07/17 08:56:29
すげえ余計なお世話だな。昔某バンドを『お好み食堂バンド』と評してフロントマンをキレさせたライターとセンスが同じだ
8sumida@hatena 2017/07/18 17:47:35
「商業的に」って言ってるから売上やライブ規模など具体的な数値で語ってるのかと思いきや、主観バリバリの思い込みだけで噴飯物。中期スピッツのアレンジの豊かさ(Pと一緒にやってた頃)を挙げん時点でお察し。
9i-selectdesign@hatena 2017/10/04 17:13:54
音数が多いから、については分析は的外れな気がしますな。スピッツは音楽としての一貫性を感じるが、ミスチルは今聞くと陳腐なイメージしかない。どっちも売れてるバンドに商業的に、ってのは意味のない分析。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-16 13:18:01:1500178681:1511010495
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応