「おとぼけ課長」にあって「課長 島耕作」にないもの “4コマ漫画の巨匠”植田まさしロングインタビュー #2 | 文春オンライン

植田まさし、70歳。「コボちゃん」「かりあげクン」「フリテンくん」、そしてこの夏「おとぼけ部長代理」としてリニューアルした「おとぼけ課長」などの作品で、日本の4コマ漫画界の先頭を走り続ける「巨匠」である。 前回 に続くインタビューの後編では、日本が4コマ漫画に沸いた時代の回想から、「独特」と語る漫画技法の話、なぜ中小企業のサラリーマンを描き続けるのかまでを、じっくりと語っていただいた。 ◆ 植田ま...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1plutonium@hatena 2017/07/17 07:18:29
好きだなー
2novak777@hatena 2017/07/17 07:40:39
“月刊誌が3本、週刊誌が1本、それと新聞ですね。1年で1100本くらい4コマを描いていることになります。1日あたり平均して2、3本ってところかな”すごい。。
3Louis@hatena 2017/07/17 09:19:51
植田まさし先生が田中しょう先生について語っている
4keshitai@hatena 2017/07/17 13:36:54
このインタビューで部長代理に出世していたことを知った私
5nezumi5443@hatena 2017/07/17 14:23:15
コボちゃんってたまに意味わからないやつあるよね
6doraman@hatena 2017/07/17 17:05:03
「私の場合、手塚さんの漫画さえロクに読まずにデビューしたもんだから、それがない。ササササッて描いてピッ」すごいよなあ
7sato-gc@hatena 2017/07/17 21:00:24
http://dekuchin.com/blog-entry-384.htmlを思い出した。ギネス級の人は桁がおかしい
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-16 18:48:01:1500198481:1500828246
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応