フランス在住ライター髙崎順子さん 「いじめる人間がいなくなれば、 いじめはなくなる」

【ソーシャルアクションラボ】 フランス在住のライター、髙崎順子さんは自らの体験や長男がいじめ加害者となった経験から、いじめの加害者に着目する。加害者がいなくなればいじめもなくなる、と。髙崎さんに寄稿してもらった。                                         ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1You-me@hatena 2018/06/01 17:20
ところが日本は、と
2ranobe@hatena 2018/07/12 12:27
いじめは消え 第三者委員会だけが残った
3chinu48cm@hatena 2018/07/12 15:27
これはすごくいいシステム。いじめに限らず、犯罪もそうなはず。犯罪者がいなければ犯罪は起きないんだよね。小さな頃から適切なカウンセリングと対策をするのは日本も真似てほしい。
4songe@hatena 2018/07/12 15:46
いじめる人間をいじめれば万人の万人に対する闘争が生まれる
5hito-kan@hatena 2018/07/14 19:51
加害者側の事情に寄り添う、という新鮮な発想。"いじめには必ず、加害者がいる。その加害者がいなくなれば、もしくは「加害者」でなくなれば、いじめは終わる"
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-12 03:34:02:1531334042:1531687576
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応