聞き慣れないセミの大合唱…中国のセミ、川口で繁殖 日本で生息確認は初、調査チーム「全国で調査を」

川口市北部の安行地域で中国の外来種のセミ「プラティロミア・ピエリ」が生息し、繁殖していることが埼玉大学の林正美名誉教授(昆虫分類学など専門)らの調査で確認された。同市の市民から「安行で聞き慣れないセミの鳴き声の大合唱を聞いた」などの情報があったことから、調査チームを結成し2016年と17年に分布や生息状況、生態調査を実施し、プラティロミア・ピエリと確認した。同名誉教授によると、日本で生息が確認され...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1ArtSalt@hatena 2018/02/14 13:03
https://megalodon.jp/2018-0214-1514-34/www.saitama-np.co.jp/news/2018/02/12/12_.html
2okbc99@hatena 2018/02/14 14:07
西川口の中華街などと関係あるのかな?
3karatte@hatena 2018/02/14 19:42
"ツクツクボウシの近縁の仲間であり、セミ類としては異色のタケに依存することから、同名誉教授らは「タケオオツクツク」と名付けることを提案している"
4dzod@hatena 2018/02/25 00:50
西川口が大陸系に染まっているエントリをこれまでいくつか見てきたが・・・安行じゃさすがに関係ないか。むしろ浦和美園、岩槻あたりまで広がりそう
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 05:44:01:1518554641:1527196325
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応