パルプ小説の書き方(7):いらないものは書かなくていい(逆噴射聡一郎)|ダイハードテイルズ

よくきたな。おれは逆噴射聡一郎だ。お前はこれまでのパルプ小説講座をすべてふまえ、真の男になった。武器を手に入れたバンデラスの気持ちになった。お前には無限の可能性が見え、力が湧いてきてウズウズする・・・・・・だが書けない。 何故だ? お前にはバンデラスとしての素質が無かったのか? メキシコの砂と太陽はお前には過酷過ぎたのか? このまま銃を握った手を力なくだらりと降ろし、一発も引き金を引けないうちに、...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1yabu_kyu@hatena 2018/02/14 17:40:07
「高解像度の罠」
2sakimoridotnet@hatena 2018/02/14 20:05:19
“高解像度の罠”
3K-Ono@hatena 2018/02/14 20:42:58
あ、これ個人的に「森西尾病」と呼んでるやつだ。別に「新本格病」でもいいけど。
4rokasouti@hatena 2018/02/14 21:43:22
己の中にあることばを並べ立てて、いらないものを削り取ることは、具体を抽象にするのに似て、失われる言葉への慈しみが無くてはいけない、あまりにも難しい作業だけど、きっとヒトだけの特権。
5Ereni@hatena 2018/02/14 22:04:50
いや、初っ端から文章が気持ち悪くて入ってこないんだけど/ id:nise-marina 「入ってこな」かったから(最初以外)読まなかったけど。文章読めない?
6yizhak@hatena 2018/02/14 22:09:42
「本町転倒」でふふふとさせて、「完璧な陰影をつけた1セント硬貨」。
7perl-o-pal@hatena 2018/02/15 01:18:22
はてなーは100文字すら読む集中力も無いように思える。
8umai_bow@hatena 2018/02/15 01:23:38
逆噴射先生はメキシコの一言で済ますしな
9gesukawa@hatena 2018/02/15 01:44:06
”高解像度の罠”
10kori3110@hatena 2018/02/15 02:37:29
小説書く気は全くないけど読み物として面白い。マンガでも、要らないディティールの書き込みで画面がうるさくなって、「どこ読めばいいの?」ってなることはあるね(それが味になることもあるけど)
11nise-marina@hatena 2018/02/15 09:20:07
id:Ereni じゃあ読むなよ。
12bokmal@hatena 2018/02/15 09:23:25
「家とかのパーツの名称が・・・・」
13hobbling@hatena 2018/02/15 09:29:42
肩を落として家に帰り、YouTubeのザッピングをはじめ・・・・・・老いて・・・・・死ぬ・・・・・・。
14bengal00@hatena 2018/02/15 10:31:45
プロフィールのインサート位置ひとつでアバンタイトルを想起させるムービー感を出しててかっこいい
15karma_tengu@hatena 2018/02/15 11:03:13
「小説は読者の想像力に描写を委ねることが出来るメディア」確かにその通りだー。ニンジャスレイヤーだと稀にものすごい解像度のイクサ描写が入ることがあるが多くはイヤグワで済ませたりするしね。
16multiplex00@hatena 2018/02/15 12:23:09
弱肉強食情け無用な有様⇒メキシコ
17pero_pero@hatena 2018/02/15 15:53:07
Twitterでおもしろい文章を書ける人が長文になるとからっきしダメと言うこともよくあるが、少なくとも引き算の勉強にはなるらしい
18whiteskunk@hatena 2018/02/16 12:32:52
忍殺ですごいなと思った文章は「彼が丘を登り、瀕死のニンジャスレイヤーの横へと歩み寄ったとき……突然それは物理法則に反するような動きで立ち上がった。」だった。「物理法則に反するような動き」。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 08:58:00:1518566280:1518857665
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応