「キャロル」脚本家、年間10万人が失踪する日本の社会問題を映画化 : 映画ニュース - 映画.com

1年間で約10万人が失踪 Dick Thomas Johnson on Visualhunt.com / CC BY [拡大画像] [映画.com ニュース]  ケイト・ブランシェット & ルーニー・マーラ 主演の映画「 キャロル 」でアカデミー賞脚色賞にノミネートされた フィリス・ナジー が、ノンフィクション書籍「The Vanished: The Evaporated People of Ja...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1maturi@hatena 2018/04/16 13:21:49
夜逃げ屋本舗(1992)がリメイクか| https://www.amazon.co.jp/gp/product/151070826X これをベースに映画化とのこと The Vanished: The "Evaporated People" of Japan in Stories and Photographs
2Dursan@hatena 2018/04/16 20:35:24
木根(尚登)さん?
3bokmal@hatena 2018/04/16 22:35:40
“レナ・モーガー著、ステファン・ラマエル写真のベストセラー本「The Vanished」”
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-16 06:42:02:1523828522:1524608355
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応
70