CG女子高生「Saya」、満面の笑顔は苦手…そのワケは? 制作者に聞く - withnews(ウィズニュース)

2015年に発表され、実写と見分けがつかないリアルさで話題を呼んだ、CG女子高生「Saya」。講談社主催のオーディション「ミスiD」で、セミファイナリストに入り、さらに注目を集めています。「TELYUKA」の名前で、夫婦で制作してきたCGアーティスト・石川友香さんに舞台裏を聞くと、どうしても表現できなかった「ある表情」があったことを教えてくれました。 まるで「2.9次元の存在」 オーディション「ミ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1attyan7639@hatena 2017/09/13 10:31:38
人間には当たり前なことでも、3DCGだとかなり難しいことなんだね
2kkobayashi@hatena 2017/09/13 11:59:47
かわいい
3thnn@hatena 2017/09/13 15:37:02
歯かー。
4sukekyo@hatena 2017/09/13 16:06:23
わたしはあなたのカタナになりたい(上手いこと言ってるようでどシモネタ)
5anigoka@hatena 2017/09/13 18:27:30
初音ミクに堕することなく究極のフォトリアルを目指して欲しい
6anihamu@hatena 2017/09/13 21:30:18
この子動画になってたのか。すごいな
7assyyuck@hatena 2017/09/14 06:53:22
人工知能やロボットは隙が無いのが弱点とか何かの漫画みたいな話ね。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-13 06:13:01:1505250781:1506398972
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応