働き方改革「緊急的取り組み」の実施率、2〜3割にとどまる:日経メディカル

4カ月ぶりに議論再開、「医師の働き方改革に関する検討会」 働き方改革「緊急的取り組み」の実施率、2〜3割にとどまる 医師の働き方改革の在り方を検討するために設置された厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」が7月9日、およそ4カ月ぶりに開催された。3月に通知が発出された「緊急的取り組み」の実施状況が...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1DrPooh@hatena 2018/07/12 08:17
『単純な労働時間の制限をして、教育や研究の時間を妨げてほしくないので、専門業務型裁量労働制を検討してほしい』…働き方を変えたくない,ということでしょうか。
2REV@hatena 2018/07/12 08:33
釈迦に説法、孔子に悟道。河童に水練、猿に木登り。猫に小判に豚に真珠なのだが、大学病院に代表される高度先進病院の昭和から続く『システム』が平成末期の事情と乖離しているのではないかという話だと思われる。
3AFCP@hatena 2018/07/12 20:56
"大学病院以外の施設では、厚労省の緊急的取り組みを「実施した」と回答した施設が26.8%(287件)、「今後実施を予定」が33.7%(361件)だったのに対し、「未定」と回答した施設が37.5%(402件)を占めた"
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-12 15:00:01:1531375201:1531819344
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応